日本代表/FIBA

オリンピック銀メダルのバスケットボール女子代表が2022W杯に挑む!

更新日:

<2月7日追記>

大阪大会:ベラルーシ出場辞退

残念。

   

<2月3日追記>

ワールドカップ予選大阪大会、バスケットLIVEでも視聴可能とのこと!→協会のリリース

   

DAZNよりこっちかな。。。

   

グループAを恩塚亨HCと渡嘉敷来夢選手が解説 ※さすがに面白い!!

   

↑追記ここまで↑

   

東京オリンピックで見事に銀メダルを獲得した、バスケットボール女子日本代表。

   

早々に、今年2022年9月、オーストラリアで開催されるワールドカップへの戦いが始まっています。

   

今回は、オリンピックに続き、ワールドカップでも上位を狙うバスケットボール女子日本代表について。

   

2022FIBAバスケットボール女子ワールドカップ

2年連続の世界大会!

   

2022女子ワールドカップ概要

9月にオーストラリアで開催されます。

   

こちらのとおり、4大陸(アフリカ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ)・46か国が参戦した1次予選はすでに終了。

ここから16か国が、この2月に大阪(4か国)、ベオグラード(*4か国x2)、そしてワシントンDC(4か国)の3都市で予選トーナメント。*ベオグラードではトーナメントを2つ実施。

4つのトーナメントの各上位3か国、計12か国が本大会に出場というフォーマットです。

※ただし、開催国オーストラリアと、オリンピックチャンピオンのアメリカはすでに出場権獲得済み。

大阪

出場国FIBAランキング
2021年12月
五輪順位
ボスニアヘルツェコビナ27位出場なし
日本8位2位
カナダ4位9位
ベラルーシ11位出場なし
平均ランク:12.5

   

オリンピックの後に行われた、ヨルダンアジアカップを制したのは本当に大きかった。

下記のとおり、中国との平均身長は10センチ差がありました。

素晴らしい!!

   

   

ベオグラードA

出場国FIBAランキング五輪順位
オーストラリア*3位8位
韓国14位10位
セルビア10位4位
ブラジル17位出場なし
平均ランク:11

   

韓国は苦しい戦いを強いられますが。。。

   

ベオグラードB

出場国FIBAランキング五輪順位
フランス5位3位
中国7位5位
ナイジェリア15位11位
マリ40位出場なし
平均ランク:16.7

   

アジアカップで日本に次ぐ2位となった中国はやや楽。

   

ワシントンDC

出場国FIBAランキング五輪順位
ロシア12位出場なし
アメリカ*1位1位
プエルトリコ18位12位
ベルギー6位7位
平均ランク:9.2

   

2022FIBA女子ワールドカップ公式サイト

FIBAランキング

   

東京オリンピック・ヨルダンアジアカップを振り返る

あらためて振り返ります。

   

女子日本代表の、身長・サイズ、スリーポイント

バスケットボールと身長-NBA、NCAA、Bリーグ、日本代表男子女子

小さいです。

今回の予選も、渡嘉敷選手が復帰するとしても小さい。

   

が、サイズを言い訳にしないのが女子日本代表。

アジアカップにおいても、豪中韓3国にサイズでは劣りながらも優勝。

   

選手はもちろん、ヘッドコーチまでもが替わっても、戦い方は一貫しているのが女子日本代表です。

   

再度こちら(東京オリンピック)↓

ランク平均身長(cm)平均3PT試投数3PT%
1日本17631.738%
2プエルトリコ1752725%
3オーストラリア18526.834%
4韓国18025.725%
5フランス18523.735%
6ベルギー18221.333%
7中国18620.336%
8アメリカ18618.535%
9セルビア18516.531%
10スペイン18416.529%
11ナイジェリア18516.331%
12カナダ18516.329%
試投、成功率ともに1位!!

   

アジアカップ上位4か国のスリーポイント

ランク平均身長(cm)平均3PT試投数3PT%
1日本17732.236.0%
2中国18618.241.8%
3オーストラリア18123.739.4%
4韓国17927.042.0%
豪中韓もさすがにレベルが高い

   

今回の予選大阪大会でも、日本女子は平均30本以上のスリーポイントを打ってくるでしょう。

そしてそれを、35%以上の成功率で沈めるでしょう。

   

投稿時点で、選手一覧はリリースされていませんが、誰が出ても期待大!

候補選手一覧

   

2022FIBA女子ワールドカップ予選トーナメント@大阪

上位3つに入ればよいわけですから、日本のワールドカップ本大会出場はほぼ間違いなし

もちろん3国とも大きいでしょうが、全勝で決めてほしいですね。

   

女子日本代表日程@大阪大会

日時相手国
2月10日㈭19時vsカナダ
2月12日㈯18時vsベラルーシ
2月13日㈰18時vsボスニアヘルツェコビナ
いきなりvsカナダ

大阪大会公式サイト(日本語)

   

あまり無い機会ですから、Bリーグの秋田@大阪に続いて、観に行こうかと思っていたのですが、、、

オミクロン。。。あきらめました。(秋田@大阪戦も中止)

   

中継は、CSフジテレビかDAZN。

DAZN

   

ダゾーンで見ますけど、こちらのとおり、2月22日から大きく値上げのようですので、女子代表戦後に解約しようと思います。。。

   

<後記>

今後は男子代表にも期待です。

こちらを読んだとき、私は(女子代表同様に世界では小さい)男子代表もゴールデンステイトウォリアーズに見られるような、”スモールボール”を標榜するものだと思っていました。

ところが、しなかった。

   

2019ワールドカップ予選で、早々に4連敗(ホームでvsフィリピン・vs台湾、アウェイでvsフィリピン・vsオーストラリア)し、崖っぷちとなった日本が頼ったのは、ファジーカスの帰化と、オフだった大学生の八村塁。

今思えば、ファジーカスや八村という、ちょっとした”サイズ”を揃え、オーストラリアに「勝ってしまった」ことはよかったのかどうか・・・あの勝利で、スモールボールを完全に断ち切ったのではないか・・・

   

男子はどうもサイズに囚われてるんですよね。

悪く言えば、、、創意工夫が足りない。

女子を見ていると、どうしてもそう感じてしまいます。

   

日本のバスケットボール振り返り①-日本バスケットボールの歴史

日本のバスケットボール振り返り②-歴代日本代表の主な戦績と選手

   

<追記>※2月3日時点

意外にも(?)、女子のトップ国内リーグ・WJBLで、スリーポイントを平均30本以上打っているチームは少ない。これに加えて、成功率35%以上のチームはゼロ。

この条件に一番近いのは富士通レッドウェーブで、試投数平均30本・成功率32.4%。

WJBLスタッツ

   

同じく、Bリーグでは川崎と島根が条件をクリア。(B2ではゼロ)

Bリーグスタッツ

   

NBAではウォリアーズなど、8球団あります。*40分換算

NBAスタッツ

ad




ad




-日本代表/FIBA
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.