NCAA(大学)

菅野ブルース選手は早々にNCAAディビジョン1オファー&コミット?

更新日:

菅野ブルース選手には、間もなく(早い!!)NCAAディビジョン1からのオファーが届くでしょう。

(もう届いているかも)

   

前に書いたとおり、6-7という、アメリカでも珍しい大型PGの菅野選手は明らかに過小評価。

アピールの機会が少なかったとはいえ、アメリカの短大(JUCO、NJCAA)、それもディビジョン2レベルの選手ではありません。

   

複数のオファーを得たうえで、早々のコミット、そして2年ではなく、1年でのNCAAディビジョン1校への転校(編入)が現実的でしょう。

   

渡米早々、精力的な菅野ブルース選手

仙台大学附属明成高校を卒業後も同校で過ごし、6月に渡米したばかりだという菅野ブルース選手。

アイオワのエルズワースコミュニティカレッジに着くなり、早速練習を開始し、いきなりアラバマでのショウケースに参戦したようです。

   

前半がエルズワースCC、後半はショウケースでの映像と思われます↓   

この大型PGを見逃せない!

   

ショウケース@アトランタ招待!NCAAディビジョン1コーチもやって来る?

このACCC(アラバマコミュニティカレッジカンファレンス)主催イベントでのアピールがうまくいったか、はたまたエルズワースCCコーチ、ブライアンベンダー氏のコネクションによるものか、

菅野選手はこの7月8から開催される、アトランタでのショウケースにも登場予定!

> 公式サイト

※オープンイベントと、招待イベントがありますが、菅野選手は後者(7月9日と10日)。

招待選手一覧 たしかに菅野選手の名前アリ。身長順。6-8(!)は盛った(笑)??最長身PGでしょう!

   

菅野ブルース選手にNCAAディビジョン1からのオファーは?

この大規模ショウケースに、NCAAディビジョン1コーチが訪れるのは確実。

稀有な存在である大型ガード、菅野ブルース選手に注目が集まらないはずがありません。

   

間違いなくオファーは出されるでしょうし、もしかすると、もう出ているかもしれません。

   

南部でのアピールが続くことで、やはり見に来るのは南部校のコーチが多いことが予想されます。

地元ジョージアテック、ジョージア大学含む、ハイメジャーSECやACC校からオファーが来るのでは?

と勝手な妄想が膨らみます。

※デュークやノースカロライナは短大編入を認めていませんが、他校オーバーンやアラバマ、フロリダステイトにマイアミ(フロリダ)、そしてLSUあたりはJUCO天国!

※もちろん、ハイメジャー以外でも有力校は多数。

   

オファー獲得は間違いないとして、富永啓生選手同様に早々のコミットか、それとも時間をかけて選択するか・・・

   

いずれにせよ、本人が望む、NCAAディビジョン1校への編入は遠くないはずです!

   

HCブライアンベンダーと、エルズワースコミュニティカレッジ

それにしても、上の動画の主、エルズワースHC、ブライアンベンダー氏は素晴らしい!

積極的に自チームの選手をアピール。

菅野選手は良い縁に恵まれたのではないでしょうか。

   

> 興味深いツイート

  1. Saye:菅野選手のチームメイトでセネガル人ビッグ、サリュウセイ。
  2. エルズワースはベストチーム?
  3. SWICも良いチーム

   

ベンダーさんは隠したい気持ちもあるかもしれませんが、エルズワースCCが非常に強力であることが、”界隈で”知られつつあります。その中心選手の1人が菅野ブルース!

   

セネガル人のセイ↓

評価高い!

   

もはや、NJCAAのディビジョン2レベルではない、と。

   

さらに、> こちら

”6’7 Bruce Kanno, who will likely play for Japan in the next Olympics”

菅野選手は次のオリンピック(パリ2024)で日本代表としてプレイするだろう、と。

   

良い選手を4年制D1校に送り出す。

”こういう形で”、ベンダーさん自身も(望めば)キャリアップを図れる。学校の名前も売れる。

Win(選手)-Win(コーチ)-Win(学校)です。

   

日本の高校バスケットボールはもっと外向きに!

このベンダー氏と同じことを、日本の高校バスケットボール関係者に望みます。

   

選手本人が望むのなら、NCAAバスケットボールでのプレイを模索してあげてほしい。

選手本人が望まなくとも、可能性を感じるのならば、NCAAバスケットボールでのプレイを選択肢として提示してあげてほしい。

全額、返済の必要がない、アスレティックスカラシップ(奨学金)について、知識を得てほしい。

もしくは、(留学)専門組織と連携してほしい。

   

場合によっては、日本の高校時分から、アメリカへ転校してしまうこともあるかもしれません。

つきあいのある、日本の大学に、スター選手が進まない現象が当たり前になるかもしれません。

   

しかし、それでも、選手のことを、日本バスケットボールの発展を考えるのであれば、これは絶対に必要なことでしょう。

   

メディアにも同様のことを望みます。

> こちら 

誇りをもって、高校バスケットボールを輸出してほしい。

※留学生選手ももちろん、というより、留学生選手にこそ、その可能性は大きいはずです。過去の投稿

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.