NBA

日本からは八村塁と渡邊雄太~NBA歴代アジア人選手ランキング

更新日:

NBA歴代アジア人選手ランキング

NBAでプレイしたアジア人選手のランキング。

元記事ははっきり言ってめちゃめちゃ(?)な点もあるのですが、それなりに納得感もありましたので載せてみました。懐かしい選手も!

   

NBA歴代アジア人選手ランキング10位-6位

10位 ハスンジン(河昇鎮、韓国)

NBAドラフト:2004年2巡目46位

所属:ポートランドトレイルブレイザーズ

キャリアスタッツ:46ゲーム出場、1.5ppg

7-4(224センチのビッグ)。韓国人初のNBA選手。

この投稿時点で35歳。長らく、韓国KBL・全州KCCイージスおよび韓国代表でプレイ。

韓国SKYの1校、延世大学出身。

ビッッッッグ!

   

9位 渡邊雄太(日本)

NBAドラフト:なし

所属:メンフィスグリズリーズ、トロントラプターズ

キャリアスタッツ:83ゲーム出場、3.5ppg

数字以上の存在感。2018年、アトランティック10ディフェンシブプレイヤーオブジイヤーは伊達ではない。

愛されるキャラクター

   

8位 ハメッドハッダディ(イラン)

NBAドラフト:なし

所属:メンフィスグリズリーズ、トロントラプターズ、フェニックスサンズ

キャリアスタッツ:151ゲーム出場、2.2ppg

7-2(218センチ)。イラン初のNBA選手。

こちらも長らくイラン代表をつとめ、2020-2021シーズンは中国CBA・四川でプレイ。

2019ワールドカップにも出場

   

7位 メンケバータル(巴特爾、中国)

NBAドラフト:なし

所属:デンバーナゲッツ、サンアントニオスパーズ、トロントラプターズ

キャリアスタッツ:46ゲーム出場、3.4ppg

211センチで131キロの巨人。

内モンゴル(中国)の出身で、現在同地のバスケットボール協会会長とのこと。

こちら

アジア人として初のNBAチームでのスターター(デンバーナゲッツ)。

もちろん中国代表。vsノウィツキー。

   

6位 ワンジジ(王治郅、中国)

NBAドラフト:1999年2巡目36位

所属:ダラスマーベリックス、トロントラプターズ、ロサンゼルスクリッパーズ、マイアミヒート

キャリアスタッツ:137ゲーム、4.4ppg

7フッターで、中国が誇った”万里の長城”の一角。

中国軍のチーム、八一(Bayi、バーイー)出身で、引退後はヘッドコーチも。ただし、2020年にCBAからチームは姿を消した。

中国バスケットボール史上に残る選手。

   

NBA歴代アジア人選手ランキング5位-1位

5位 オムリカスピ(イスラエル)*

NBAドラフト:2009年1巡目23位

所属:サクラメントキングス、クリーブランドキャバリアーズ、ヒューストンロケッツ、トロントラプターズ、ニューオーリンズペリカンズ、ミネソタティンバーウルブズ、ゴールデンステイトウォリアーズ、メンフィスグリズリーズ

キャリアスタッツ:588ゲーム出場、7.9ppg

*イスラエル?はおいといて。。。

イスラエル初のNBAドラフト指名選手で、初のNBA選手。

”イスラエルジョーダン”との異名は知りませんでしたが、ロールプレイヤーとして10年サバイバルしたのは見事。

588ゲーム出場はすごい。

vsカリー!!!

   

4位 イージャンリン(易建聯、中国)

NBAドラフト:2007年1巡目6位

所属:ミルウォーキーバックス、ニュージャージーネッツ、ワシントンウィザーズ、ダラスマーベリックス

キャリアスタッツ:272ゲーム出場、7.9ppg

アメリカ文化になじめなかったというコメントもありますが、いまだ現役(CBA広東)の、中国のリーダー的存在。

過度期にある中国バスケットボールにおいても、存在感は抜群。

東京オリンピック出場はイージャンリンにかかりますが・・・

2019中国ワールドカップでは上を目指したがものの・・・

   

3位 八村塁(日本)

NBAドラフト:2019年1巡目9位

所属:ワシントンウィザーズ

キャリアスタッツ:105ゲーム出場、13.7ppg

日本の至宝。

過去5年ほど、日本に夢を届け続けているスーパースター。

まだ23歳。

どこまでいくのか。

NBAオールスター候補。

   

2位 ロニーサイカリー(レバノン)*

NBAドラフト:1988年1巡目9位

所属:マイアミヒート、ゴールデンステイトウォリアーズ、オーランドマジック、トロントラプターズ、ニュージャージーネッツ

キャリアスタッツ:678ゲーム出場、14.7ppg

*疑問は下記に。

当時としては特殊なキャリア。

レバノンとアメリカの二重国籍。

レバノンに生まれ、アテネのアメリカンスクールへ。

超名門クラブ、パナシナイコスに所属するも、ギリシャ国籍を持たない選手がプレイできないという当時のルールにより、”仕方なく”NCAAシラキュース大学へ。1986年のスペイン世界選手権にはアメリカ代表として出場し、優勝。1987年にデリックコールマンらとともに、NCAA準優勝(当時のNHKの放送において「ギリシャのアテネ生まれ」との誤情報)。

オールスターこそないものの、このランキングで最多のNBAゲーム出場。

引退後も楽しんではります(笑)

   

1位 ヤオミン(姚明、中国)

NBAドラフト:2002年1巡目1位

所属:ヒューストンロケッツ

キャリアスタッツ:486ゲーム出場、19.0ppg

驚異の229センチ。

NBAドラフト1位指名。

8回のNBAオールスター選出。

文句なしのベストアジアンプレイヤー。

怪我には悩まされた。。。

   

※元記事はこちら

綴りやら何やら誤りもあり・・・トルコ、ニュージーランドとオーストラリアは含めないと記述がありますが、イスラエルの所属はFIBAヨーロッパ。そして、サイカリー???

つっこみどころ満載の内容ではありますが、、、順位には納得しました。

このランキングにおいて、背は低い方(!)である渡邊雄太、八村塁の2人は、どこまで順位を上げるでしょうか。

後に続く、日本人、アジア人、全てのアジア系選手の台頭が楽しみです。

ad




ad




-NBA
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.