Bリーグ/日本国内

Bリーグバスケットボールにおける成熟と未熟-B2仙台@西宮

投稿日:

ちょっと思うところがあって、今季2020-2021はBリーグをあまり見てきませんでした。

が、プレイオフに地元クラブが出場。それも再度のB1昇格がかかるゲームが行われるとなれば、観戦せずにはいられません。

   

   

仙台89ERSがブザービーターでゲーム1劇的勝利!

”bjリーグオリジナル6(創設時の6クラブ)”である老舗・仙台89ERSが、劇的なブザービーター

ゲーム1を制した仙台が、勢いそのままに、2連勝でセミファイナルシリーズ進出を決めました。

   

レギュラーシーズンは西宮が40勝18敗。仙台が35勝24敗。

西地区1位の西宮と、東地区4位でワイルドカードでのプレイオフ出場となった仙台。

が、今季は3月に2ゲームしか対戦のなかった両クラブによるシリーズが、簡単に勝敗のつくものではないことは明白でした。

ゲーム1。

スタートでつまづいた西宮(1Q:9-18)が追う展開。

最終4Qになんとか追いつき、フリースローで逆転に成功したのは残り3秒。

75-74。

   

Last-Second Full Court Inbound Play.

   

タイムアウト無し。

仙台のスローイン。

仙台89ERSが選択したセットプレイは、"Valparaiso(バルパライゾ)"。

1998年のNCAAトーナメント1回戦で、#13シード・バルパライゾ大学(インディアナ州の中堅校。通称”バルポ”)が、#4シード・Ole Miss(SEC校・ミシシッピ大学)をアップセットした際の、End of gameプレイ

これが見事に決まり、ゲームオーバー。

最終スコアは77-75でした。

   

”リベンジ”は23年後、弟子により、日本で、果たされた。

言うまでもなく。

NCAAディビジョン1のハイメジャーカンファレンス、SECは強豪ぞろい。

(最終的に1998王者となる)ケンタッキー大学などの影に隠れるOle Missは、ようやく3度目のトーナメント出場でしたが、SECを12勝4敗という好成績で終えたミシシッピには、史上初のエリートエイト、そしてファイナルフォー進出の期待がかかっていました。

その望みを、ブザービーターで打ち砕かれたわけです。

Ole Missを率いた黒人コーチ・ロブエバンスは、失意のまま、同1998年オフに、パック10(現在は12)カンファレンスのアリゾナステイト(ASU)に異動。

このASUに留学中だった日本人学生こそが、現在の仙台89ERSのヘッドコーチ、桶谷大でした。

コーチ志望であった桶谷は、アリゾナステイト大学でエバンスに師事。

おそらく"Valpo"によるエンディングは見ていたはずですし、少なくとも、エバンスから話は聞いていたでしょう。

   

師匠・ロブエバンスのリベンジは、その弟子・桶谷大によって

23年後の2021年。

Bリーグプレイオフの場で果たされたようなものです

   

色々な意味で、ドラマティックな結末でした。

   

タイムアウトなしで、この”バルパライゾ”を遂行した仙台89ERSは見事。

間違いなく、ふだんの練習においてスクリメージを行っていたのでしょう。

そして、オプションは他にもあったのだと想像できます。

   

ブザービーター-バスケットボールの面白さ

仙台89ERSの遂行力に反し、(タイムアウトがない同じ条件下の)西宮ストークスのディフェンスはpoorであったと言わざるを得ません。

1998年以来、"Valpo"は世界中で有名になったセットですから(事実、再現された例は多い)、これを想定できたはずですし、何より、ベースラインのスローインに対し、ビッグマンはおろか、誰もプレッシャーをかけない、あまりにもお粗末な対応でした。*キツイですが、こう言わざるを得ません。

目の前の、ベンチからも指示なし

   

ここで、「下がって守る」のは幼稚。

「”タッチダウンパス”を自由に投げさせることが厳禁」であることは、常識です(怒)。

   

まだまだ発展途上(?)、日本のバスケットボール

1998"バルポ”においてさえ、Ole Missはスローインにディフェンスを置いていました。

そして、渡邊雄太のジョージワシントン2016-2017シーズン、悪夢の一戦。→こちら

この大逆転劇は、「ベースラインのスローインには必ずプレッシャーをかけてくる」という”常識”の裏をかいたことで生まれたものです。

   

決して個々の選手の能力だけではない、大きな差がいまだに日米バスケットボール間に存在します。

   

先日のB2プレイオフ。

もう1つのゲーム、越谷@FE名古屋も同様の接戦が繰り広げられました。

同じく残り3秒。

が、ここにおいて、実況の方が「放り込むしかない」という言葉を発します

   

違うのです。

3秒「も」あれば、(たとえバックコートベースラインからのスローインであっても)いくらでもオプションがあるのです。→ちょっとした例

そして、それを高いレベルで遂行させる(ディフェンスは遂行させない)のがプロバスケットボールというものです。

ブザーが鳴るまでは何でも起こりうる。いえ、”起こすことができる”。

これこそが、バスケットボールの大きな(もしかすると、最大の)魅力なのです。

このことを、選手もコーチも、そして伝える側も見る側も。

絶対に忘れたくないですね。

   

西宮ストークスのこれから・・・

批判的な内容に、気分を害されたら申し訳ないです。

地元クラブの敗退はショックです(涙)が、、、

シーズン40勝!

B1再昇格を逃した失望よりも、B2西地区1位を奪取した誇りの方を大きく持ちたいです。

来年こそは!!!

Go,グリーン!

Go,ストークス!

   

2024年、神戸に移転予定のストークス

応援は続けると思いますが、、、チームカラーは兵庫ストークス時代の、MLBマリナーズ/NFLシーホークスのブルーを配した「シアトルカラー」に戻るかもしれませんね。

*神戸とシアトル、兵庫県とワシントン州は友好関係(西宮はスポケーンと!)にあり、イチローのマリナーズ入りも”必然”とされていました。

   

”ストークスグリーン”は美しいのでちょっと残念。。。

阪神電車なんて、(虎と一緒に)市内限定車両まで作ったんすよ!(←大ウソです)

緑は「甲子園球場の芝をイメージ」とのこと

   

   

<後記>

このゲームでタッチダウンパスを投げたスコットバーレル(コネティカット)、そして、このバスケットボール史上に残る名勝負の後、抱き合って健闘を称えあうアントニオラング(デューク)とジメルマルティネス、さらにデロンフェルドハウス(ともにケンタッキー)。

彼らがプレイしたこの日本で、バスケットボールは今後ますます成熟していくのだろうと思います。

   

少々長いですが、ぜひ”Last Second Full Court Inbound Play basketball”という言葉でググってみて下さい。

さらに、バスケットボールというスポーツと接することが楽しくなるはずです。

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.