Bリーグ/日本国内

Bリーグ B1の帰化・外国籍選手(など)-2020~2021

更新日:

   

   

2021-2022は新来日選手に絞って書きましたこちら

   

   

<2021年5月23日追記>

横浜:パトリックアウダ

三遠:カイルハント

三河:カイルコリンズワース、シェーンウィッティングトン

滋賀:アンガスブラント

京都:ジャスティンハーパー

琉球:ドウェインエバンス、キムティリ

*”プレイオフエバンス”に惚れてしまった(笑)。顔がいいですよね。

アトランティック10のセントルイス大学出身で、ジョージワシントンの渡邊雄太とは入れ替わりで、2014年卒業。

学業も優秀だったと。

   

やはり、バスケットボール選手としての才能だけでなく、皆プロだけあって、人格が優れていますね。

   

NCAAカレッジバスケットボールでの獲得アワード *例外あり

例えば、大阪エヴェッサのアイラブラウンジョシュハレルソン

ともにジュニアカレッジから編入し、ゴンザガとケンタッキーというアメリカ有数の強豪校でプレイした2人ですが、その学生時代の成績はごく平凡。

当然、NBAでの経験は無いに等しくアイラに至っては野球の方が有名です。

   

そんな2人が、NBAとは言わないまでも、外国籍(帰化含む)に限って言えば、世界的にも決してレベルが低くないBリーグでプロキャリアを築いているのはすごいとしか言いようがありません。

   

が、一方で、NCAAバスケットボールで華々しい活躍をした選手が、来日しても同様に素晴らしい成績を残していることも事実。

そのことを実証しようとするわけではありませんが、今回は、来たる2020-2021シーズン、Bリーグ・B1の外国籍、帰化選手の、主にNCAA時代の獲得アワードを調べてみました。

*まだロスターが固まっていませんので、追記するつもりです。

   

   

Bリーグ B1の帰化・外国籍選手 -2020~2021- 獲得アワード一覧

主にNCAA時代の「獲得アワード」にフォーカスしてみました。 

   

東地区

所属選手名出身大学カンファレンス獲得アワードNote
北海道ジャワッドウィリアムズ
37歳
ノースカロライナACCオールACC
サードチーム
(2004-2005)
2005NCAAチャンピオン
ニックメイヨ
22歳
イースタンケンタッキーOVC
オハイオバレー
オールOVC
ファーストチーム
(2018-2019)
1年生時から4季連続1stチーム(!)
2018-2019のPOYはジャモラント

フリースロー成功率1位(2018-2019)
ジョーダンテイラー
30歳
ウィスコンシン"B1G"
ビッグテン
オールビッグテン
ファーストチーム
(2011-2012)
2010-2011に続き2季連続
秋田カディームコールビー
30歳
ウィチタステイトMVC
ミズーリバレー
-ルイジアナ(ラファイエット)から転校
ルイジアナ時代にブロックリーダー
(トータル)
ハビエルカーター
29歳
サウスアラバマSUN BELT
サンベルト
-2011-2012ブロックリーダー。
2位がコールビー。
トータルではカーターが2位。面白い!
アレックスデイビス
28歳
フレズノステイトMWC
マウンテンウェスト
-デイビスもブロックで存在感。
秋田の狙いは?
宇都宮ライアンロシター
30歳
シエナMAAC
メトロアトランティック
アスレティックカンファレンス
POY!
(2010-2011)
2季連続リバウンドリーダー
(2009-2010、2010-2011)
*テーブス海
21歳
ノースカロライナ大学
ウィルミントン
CAA
コロニアルアスレティック
アソシエーション
オール
フレッシュマン
(2018-2019)
アシストリーダー
(平均7.7で全米でも
ジャモラントに次ぐ2位)
ジェフギブス
39歳
オッターバイン
(ディビジョン3)
OAC
(オハイオアスレティック
カンファレンス)
全米POY!
(2001-2002、D3)
2002NCAAチャンピオン(D3)
フットボールもプレイ
”ミスターインクレディブル”

ギブスは怪物
ジョシュスコット
26歳
コロラドPAC12
パック12
オールPAC12
ファーストチーム
(2015-2016)
2015-2016に続き2季連続
FG%1位(2014-2015)
2010年以降でPAC12キャリアリバウンド数1位
LJピーク
24歳
ジョージタウンBIG EAST
ビッグイースト
ビッグイースト
オールフレッシュマン
(2014-2015)
サウスカロライナ州
ミスターバスケットボール(2014)
千葉ギャビンエドワーズ
32歳
コネティカットビッグイースト-ブロックでBE2位(2009-2010)
チームメイトにハシームサビート
やケンバウォーカー
*コーフリッピン
24歳
カリフォルニア大学
リバーサイド
BIG WEST
ビッグウェスト
-スティールでBW6位(2017-2018)
UCRからドーン(NAIA,Doane、ネブラスカ州)
へ転校
ジョシュダンカン
34歳
ゼイビアA10
アトランティック10
-最多ゲーム出場
(2007-2008)
シャノンショーター
30歳
ノーステキサスサンベルト-テキサスA&Mコーパスクリスティ
から転校。
サバスチャンサイス
25歳
ミシシッピSECオールSEC
ファーストチーム
(2016-2017)
同時受賞者にディアーロンフォックス、
マリックモンク、バムアデバヨ
のUKトリオ
A東京アレックスカーク
28歳
ニューメキシコMWC
マウンテンウェスト
オールマウンテンウェスト
サードチーム
オールディフェンシブチーム
(2013-2014)
ブロックリーダー(2012-2013)
最多ゲーム出場(2012-2013)
プレシーズンウッドゥンアワード
(2013-2014)
ケビンジョーンズ
30歳
ウェストバージニアビッグイーストオールビッグイースト
ファーストチーム
(2011-2012)
同時受賞者にジェクラウダー
(マーケット)など。
デショーントーマス
28歳
オハイオステイトビッグテンオールビッグテン
ファーストチーム
(2012-2013)
ウッドゥンアワードファイナリスト
(2012-2013)
得点王、フリースロー成功率1位
(2012-2013)
渋谷チャールズジャクソン
27歳
テネシーテックOVC-リバウンドで2位(2015-2015)
ライアンケリー
29歳
デュークACC-最多ゲーム出場(2010-2011)
ジェームスマイケルマカドゥ
27歳
ノースカロライナACCオールACC
セカンドチーム
(2013-2014)
2012-2013もセカンドチーム選出
プレシーズンウッドゥンアワード
(2013-2014)
川崎ニックファジーカス
35歳
ネバダWAC
ウェスタンアスレティック
カンファレンス
POY!
(2006-2007)
2年時より3季連続のPOY!
ウッドゥンアワードファイナリスト
(2006-2007)。
他にケビンデュラントやジョアキムノアら。
主に得点、リバウンド部門で総なめ
ジョーダンヒース
28歳
カニシャスMAAC-全カテゴリーでバランスよく活躍。
弟ジョサイアもカニシャスでプレイしたプロ
マティアスカルファニ
28歳
南米プロ-MVP
(2015、ウルグアイリーグ)
NCAA所属無し
パブロアギラール
31歳
欧州プロ-スペイン代表歴ありNCAA所属無し
横浜エドワードモリス
36歳
ピッツバーグステイト
(ディビジョン2)
MIAA
ミッドアメリカ
インターカレッジエイト
アスレティック
オールMIAA
ファーストチーム
(2006-2007)
-
レジナルドベクトン
29歳
ミシシッピSECオールSEC
ディフェンシブチーム
(2012-2013)
2年時より3季連続
オールフレッシュマン(2009-2010)。
同時受賞者にデマーカスカズンズ、
ジョンウォールのUKコンビ。
パトリックアウダ
31歳
シートンホールビッグイースト--
新潟チャールズミチェル
26歳
ジョージアテックACC-最多ゲーム出場(2012-2013)
メリーランドから転校。
2010年以降でACCキャリアリバウンド数2位
(1位はケネディミークス)
ロスコアレン
27歳
スタンフォードPAC12オールPAC12
ファーストチーム
(2015-2016)
ラスベガスの名門高校
ビショップゴーマン出身
リチャードヘンドリックス
33歳
アラバマSECオールSEC
ファーストチーム
(2007-2008)
セカンドチームにパトリックパターソン
やニックカレイテス
2006-2007はセカンドチーム
2005-2006は
オールフレッシュマンチーム選出
富山ジュリアンマブンガ
30歳
マイアミ(オハイオ)MAC
ミッドアメリカン
カンファレンス
-出場時間1位
(2010-2011、2011-2012と2季連続)
全部門でバランスよく活躍
ジョシュアスミス
28歳
ジョージタウンビッグイーストPAC12
オールフレッシュマン
(2010-2011、UCLAにて)
オフェンスリバウンドトータル
で1位(2010-2011PAC12)

   

西地区

所属選手名出身大学カンファレンス獲得アワードNote
信州ヤンジェミン
21歳
ネオショーカウンティCC
(NJCAA)
KJCCC-ジュニアカレッジ
際立った数字はなし
アンソニーマクヘンリー
37歳
ジョージアテックACC-最多ゲーム出場(2003-2004)。
ブロックで良い数字。
ディフェンスの選手
ウェインマーシャル
34歳
テンプルA10
アトランティック10
-同じく、ディフェンスの選手
ジョシュホーキンソン
25歳
ワシントンステイトPAC12オールPAC12セカンドチーム
(2016-2017)
ファーストチームにリードトラビスや
ロンゾボール、カイルクズマ
2014-2015にMIP(Improved)受賞
三遠サーディラベナ
23歳
アテネオデマニラ
(フィリピン)
-POY(NCAA、
UAAPフィリピン2019)
NCAA所属無し
ステヴァンイェロバツ
31歳
欧州プロ--NCAA所属無し
フリースロー成功率1位
(2014-2015、リーガACB、スペイン)
ネナドミリェノヴィッチ
27歳
欧州プロ-Uセルビア代表歴ありNCAA所属無し
カイルハント
30歳
ミドルテネシーサンベルト--
三河ダバンテガードナー
28歳
マーケットビッグイーストオールビッグイースト
セカンドチーム
(2013-2014)
ファーストチームにブライスコットン
やダグマクダーモット
2季連続(2012-2013、2013-2014)
でベスト6th マン
カイルコリンズワース
29歳
ブリガムヤング
(BYU)
WCCPOY!
(2015-2016)
プレシーズンウッドゥンアワード
(2015-2016)
シェーンウィッティングトン
29歳
ウェスタンミシガンMAC-最多ゲーム出場(2012-2013)
名古屋Dジャスティンバーレル
32歳
セントジョーンズビッグイーストビッグイースト
オールフレッシュマン
(2007-2008)
ベスト6thマン(2010-2011)
レオライオンズ
33歳
ミズーリBIG12
ビッグ12
オールビッグ12
サードチーム
(2008-2009)
ファーストチームにブレイクグリフィンなど
ベストFG%(2007-2008)
ジェフエアーズ
32歳
アリゾナステイトPAC12オールPAC12
ファーストチーム
(2008-2009)
チームメイトだったジェームスハーデン
と同時受賞。
セカンドチームにタージギブソンら。
オールフレッシュマン(2005-2006)
滋賀ジョナサンオクテウス
28歳
パーデュービッグテン-ジュニアカレッジ
→コロラドステイトから転校
ジョーダンハミルトン
29歳
テキサスBIG12オールビッグ12
ファーストチーム
(2010-2011)
同時受賞者にマーカスモリス。
セカンドチームにクリスミドルトン、
トリスタントンプソンにディアンテギャレット
ウッドゥンアワードファイナリスト
(2010-2011)
アンガスブラント
30歳
オレゴンステイトPAC12--
京都デイビッドサイモン
37歳
パーデュー大学
フォートウェイン
インディペンデンス
(独立校)
-隠れたスター
最多ゲーム出場(インディペンデント全体で。
2002-2003、2003-2004)
得点、リバウンド、ブロック、FG%、FT%
など、インディペンデントでほぼ部門でトップ。
キャリアFG%561はモンティウィリアムズ(ノートルダム)
らを抑えベスト
レイヴォンテライス
27歳
イリノイビッグテン-全てのカテゴリーで優秀な数字。
スティールリーダー(2011-2012、
MVC、転校前のドレイクで)
ジャスティンハーパー
31歳
リッチモンドA10-最多ゲーム出場(2008-2009、
2010-2011)
大阪アイラブラウン
37歳
ゴンザガWCC-アスレティック
*エリエットドンリー
23歳
シャミネード
(ディビジョン2)
Pacwest
パシフィックウェスト
カンファレンス
-特筆すべき数字はないものの、
Pacwestオールトーナメントチーム
選出など。
ジョシュハレルソン
31歳
ケンタッキーSEC-同上
2011トーナメントで大活躍し、
ファイナルフォー出場の立役者
最多ゲーム出場(2010-2011)、
最多オフェンシブリバウンド
(2010-2011)
ギャレットスタツ
30歳
ウィチタステイトMVC-FG%、FT%でともに2位
(2011-2012)、
リバウンド3位
ディフェンスの選手
島根ニカウィリアムズ
33歳
パシフィックビッグウェスト-最多ゲーム出場
(2009-2010)
デモンブルックス
28歳
デイビッドソンSoCon
サザーン
カンファレンス
POY!
(2013-2014)
2011-2012もPOY
2度の受賞はステフィンカリー
やフレッチャーマギーなど
リードトラビス
24歳
ケンタッキーSECオールPAC12
ファーストチーム
(2017-2018)
2016-2017に続き2季連続
プレシーズンウッドゥンアワード
(2017-2018、2018-2019)
詳細
ペリンビュフォード
26歳
ミドルテネシーステイトカンファレンスUSA-全カテゴリーで良い数字
広島*アイザイアマーフィー
(榎本新作)
22歳
イースタンニューメキシコ
(ディビジョン2)
LSC
ローンスター
カンファレンス
-詳細
グレゴリーエチェニケ
29歳
クレイトンMVC-最多ゲーム出場(2011-2012)
ブロックリーダー
(2010-2011、2011-2012
と2季連続)
トーマスケネディ
33歳
デトロイトマーシーHorizon
ホライゾン
--
ジャマリトレイラー
28歳
カンザスBIG12-最多ゲーム出場
(2012-2013)
ブロックに秀でる
IMGアカデミー出身
琉球ジャッククーリー
29歳
ノートルダムビッグイーストオールビッグイースト
ファーストチーム
(2012-2013)
同時受賞にラススミス
やオットポッター
MIP(2011-2012)
セカンドチーム(2011-2012)
ベストリバウンダー(2012-2013)
ドウェインエバンス
28歳
セントルイスA10--
キムティリ
32歳
ユタPAC12--

年齢は2020年7月10日時点。

   

   

Bリーグ2020-2021~注目の選手は?

「オールカンファレンス選出のようなプレイヤーが活躍するのは当たり前」

ごもっともです。

ですが、調べたくなったのです。

年齢だとかNCAA在籍時期、カンファレンスのレベルなど条件は決して同じではありませんが、、、

   

例えばニックメイヨ。新規なら、リードトラビス。

   

アワードウィナーはやはり違う。

一方で、、、

例えばギャビンエドワーズ。例えばアイラブラウン、ジョシュハレルソンにギャレットスタツ(大阪、多いですね)

カレッジで大した実績を残していない選手が見事にサバイバルしている。

   

当たり前の結論でしたが、調べるのは楽しかったです。

特にブロックやリバウンドに秀でた選手が多い。

才能よりもハート。

結局はそういう選手がプロでも生き残るのではないでしょうか。

   

ご存知の通り、来季はB2の外国籍選手も相当なレベルです。後日、B2選手についても調べてみようと思います。

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.