Bリーグ/日本国内

Bリーグ(B1)新外国人選手2021-2022-一覧と独自ランキング

更新日:

Bリーグ2021-2022。

やはりチームの大方の命運を握ると思われる、新加入の外国籍選手などにフォーカスして書きたいと思います。

※基本、アジア枠選手は除いています。

※評価は個人的なものですし、ランキングは”ネタ”ですのであまり気にしないでください。チーム事情にもよりますし、リーグにフィットしないこともおおいにありえます。

※京都のジャメルアーティスにつきまして、契約解除となったご指摘をいただきました。

   

※昨季からの継続選手につきましては→こちら

   

Bリーグ(B1)新外国籍選手一覧2021-2022<東地区>

チーム選手出身校身長cm体重kg
北海道ショーンロングルイジアナ大学ラファイエット208112
秋田コルトンアイバーソンコロラドステイト大学212116
宇都宮アイザックフォトゥハワイ大学203104
チェイスフィーラーフロリダガルフコースト大学203109
群馬オンドレイバルヴィン-217110
千葉ジョンムーニーノートルダム大学206111
クリストファースミスユタステイト大学19395
川崎マットジャニングノースイースタン大学19699
横浜レイトンハモンズオクラホマステイト大学20398
今季も粒ぞろい

   

ショーンロング(28歳)

当ブログではおなじみ、”ドゥドゥ”ゲイが所属する、ルイジアナ大学ラファイエット校出身の選手。

北海道には大きな戦力

2013年にサンベルトカンファレンスのルーキーオブジイヤー(ROY)、2016年にはプレイヤーオブジイヤー(POY)を獲得。4季連続でダブルダブルのアベレージを記録。

アワードコレクターで、昨季は韓国KBLのベスト外国人。

メンタル面がどうか?

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ(中国CBA、オーストラリアNBLのみ)

   

コルトンアイバーソン(32歳)

秋田には珍しい(?)、7フッター。

ヨーロッパでプロキャリアを過ごしてきたベテランアメリカ人。

昨季は豪NBLのニュージーランドブレーカーズでプレイ。

ユーロリーグクラブを含めた欧州でサバイバルしてきたのは特筆だが、ブロックが多いわけでもなく、スリーもほぼゼロ。

リバウンドには優れるものの、プレシーズンを見る限りでは、秋田が獲得した意図がわからない。ただし、IQは高い。

カレッジではミネソタで3季過ごした後にコロラドステイトに転校。ここで開花し、2012-2013マウンテンウェストカンファレンスのベストニューカマー及びファーストチーム選出。※UNLVにアンソニーベネットがいたほか、ニューメキシコでプレイしたアレックスカークとの対戦も。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

アイザックフォトゥ(27歳)

ニュージーランド国籍。

インドネシア国籍のアジア枠、ブランドンジャワトとはハワイ大学の同期でチームメイト。

ビッグウェストのROY、ファーストチーム選出など、2季活躍後にプロ入り。

このハワイ大学コンビは、昨季までの主力、ロシター&ギブスとは全く異なるタイプ。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

チェイスフィーラー(29歳)

出身校FGCUは聞きなれないが、2013年、”ダンクシティ”の異名でアップセットを連発し、NCAAトーナメント16強まで駆け上がったチームの主力。

”フィーラー祭り”で全米席巻!!

   

卒業後は欧州でプレイ。

彼がロシターの穴を埋められるかどうか。

NCAAスタッツ

プロスタッツ(2019-2020のみ)

   

オンドレイバルヴィン(29歳)

説明不要のチェコ代表選手で、リーグ最長身(?)

巨人!!

   

プロスタッツ

   

ジョンムーニー(23歳)

注目の新加入選手。

昨季、ルーキーとして過ごしたNBLパースワイルドキャッツで、馬場雄大のメルボルンとタイトルを争ったのは記憶に新しい。

若さ溢れる、走れるビッグマン。

献身的。

もともとはフロリダ大学進学予定も、ビリードノバンのNBA行きにより進路変更した選手。

ノートルダムでも大活躍し、4年時にあのACCでファーストチーム選出

サイスの穴は埋まった!(はず)

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

クリストファースミス(27歳)

スコアラー。

こちらはシャノンショーターの穴埋め。

ショーターを上回る選手でしょう。

   

NCAAスタッツ

   

マットジャニング(33歳)

辻の穴を埋めて余りあるシューター。欧州でサバイバルしてきたベテラン。注目。

高いレベルのシューター!

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

レイトンハモンズ(26歳)

昨季イェニセイ(VTBユナイテッドリーグ)で50%近い確率で成功させたスリーに期待。

オクラホマステイトでは、ルブライアンアッシュとチームメイト。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

   

Bリーグ(B1)新外国籍選手一覧2021-2022<西地区>

チーム選手出身校身長cm体重kg
富山ブライスジョンソンノースカロライナ大学208104
三遠ジャスティンノックスノースカロライナ大学206110
エリアスハリスゴンザガ大学203108
三河ジェロードユトフアイオワ大学206100
名古屋コティクラークアーカンソー大学201105
スコットイーサトンノースイースタン大学206106
滋賀オヴィソコデュケーン大学201100
京都ジャメルアーティスピッツバーグ大学20198
島根ニックケイメトロステイト大学206106
西は全員2メートル超え

   

ブライスジョンソン(27歳)

このリストでは最も高いプロフィールである、NBAドラフト一巡目指名選手(2016年25位)。

出身も名門ノースカロライナ大学で、レイアレン、ケビンガーネット、ジャーメインオニール、LJピークにザイオンウィリアムソンと豪華な名前が並ぶ、サウスカロライナ州のミスターバスケットボール(2012年)。

渋谷のジェイムスマイケルカマドゥとは、UNCでチームメイト。

高校時代に高評価を受けており、大阪に移ったペリーエリスらと同期。

参考(2012年大学進学選手リクルートランキング)

※こういう過去のものをさかのぼるのも面白いです。ジョンソンは34位でペリーエリスが35位。ほか、Bリーグ絡みなら、キャメロンリドリーが8位(彼はケガさえなければ・・・)、38位にジョシュスコット、54位にダニエルオチェフ、66位にロスコアレン、94位コナーラマートあたり・・・

面白いというのは、46位に下の動画で喜ぶライアンアーチディアコノ(オチェフとともにビラノバ進学で2016優勝)がいたり、フレッドバンブリートが83位(!)評価だったりすること。90位モントレルズハレルについては、リックピティーノの”育成力”に驚くしかありません。

高校卒業時くらいでは、選手人生は全くわからないですね。日本のバスケットボールでも、日本の野球やサッカーでも・・・人生は何でもそうですが。

この準優勝が記憶に残る

   

細身なうえにスリーがないため、当初からNBAでは難しいという評価だった。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

ジャスティンノックス(32歳)

彼もUNC出身。アラバマから転校してきた選手で、マカドゥー、ジョンソンとは入れ替わり。

ユーロを渡り歩いたベテランビッグ。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

エリアスハリス(32歳)

ノックスと同い年の、注目のベテラン。

ゴンザガ大学ではエースプレイヤーだったドイツ人で、昨季はスペインでプレイ。

ゴンザガ4年時のチームメイトにケリーオリニクやケビンパンゴスがおり、ランキング1位でのぞんだNCAAトーナメントでは期待さればがら、アップセットをくらった。

万能

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

ジェロードユトフ(28歳)

典型的な、アイオワ大学出身の白人ビッグ。献身的で堅実。(一度はウィスコンシンに進むも、転校)

スリーポイントの上手い選手で、金丸の抜けた三河では効果的に使われそう。注目。

細身ですが

   

アイオワ州のミスターバスケットボール(2011年。前年2010のハリソンバーンズ、2012マーカスペイジはともにUNCが獲得)。

2016年にはオールビッグテン1stチーム

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

コティクラーク(29歳)

ジャスティンバーレルの後釜として、インサイドで重要な役割を担う選手。

昨季はイスラエルのクラブでエース。スリーポイントあり。

短大を経て、アーカンソーで2季プレイ。

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

スコットイーサトン(29歳)

入れ替わりだが、マットジャニングと同じノースイースタンの出身。

攻守とも申し分ないが、好外国籍の揃うB1では未知数。

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

オヴィソコ(30歳)

イギリス国籍で、アラバマ大学バーミンガム校からデュケーン大学へ転校した選手。

卒業後に欧州プロ。

昨季はフランスのルマンで主力も、彼も未知数。

   

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

ジャメルアーティス(28歳)

ジャメルアーティス契約解除

スティーブンアダムスと同じ名門プレップ、ノートルダムから同じく名門ピッツバーグ大学へ。

Gリーグでのプレイを経てフランスへ。

スリーの上手いスコアラー。レイヴォンテライスの穴埋め期待。

NCAAスタッツ

プロスタッツ

   

ニックケイ(29歳)

ニックケイも説明不要。

いまや世界の強豪、オーストラリア代表選手。

NBLパースで2度の優勝も経験している実力者。

知る人ぞ知る、NCAAディビジョン2の”オーストラリアスクール”、デンバーのメトロステイト出身で、在学中に2度のファイナルフォー。

タフなうえに”巧い”

   

プロスタッツ

   

   

Bリーグ(B1)新外国籍選手2021-2022-独自ランキング

ランク選手クラブ
1ジョンムーニー 千葉
2オンドレイバルヴィン 群馬
3ジェロードユトフ 三河
4ニックケイ 島根
5エリアスハリス 三遠
6ショーンロング北海道
7マットジャニング川崎
8クリストファースミス千葉
9チェイスフィーラー宇都宮
10ブライスジョンソン富山
11スコットイーサトン名古屋D
12ジャメルアーティス京都
13レイトンハモンズ横浜
14コルトンアイバーソン秋田
15アイザックフォトゥ宇都宮
16コティクラーク名古屋D
17オヴィソコ滋賀
18ジャスティンノックス三遠
あくまでも、独断と偏見です。

   

難しい!

   

   

誤りなどございましたら、ツイッターか下記へお願いいたします↓

   

◆さっそくいただきましたコメントを紹介させていただきます。

西宮の熱烈ブースターから一言

🏀

イーサートン、すごいですよ

👍

スペインで31g14.1ppg5.7reb
得点ランキング10位、プレシーズンマッチのしつこく得点を狙う姿勢に凄みを感じました

‼️

それとオヴィソコ、フランスで16.9ppg リーグMVPかと

‼️

加えてイギリスをユーロ本選に導いた大エースです

‼️

二人ともヨーロッパではトップクラスかと

‼️
すごくお詳しい(驚)

オノチャン様、ありがとうございました!!

   

イーサトン、プレシーズンの群馬戦を見て、私個人は「ちょっとソフトかな」とも思ったのですがどうでしょうか?

何より、オノチャン様の”詳しさ”に驚きました。「マイチーム」「マイリーグ」以外の選手にここまでの知識があるとは・・・私も頑張ります!

   

     

    ad




    ad




    -Bリーグ/日本国内
    -, , , , , , , , , , , ,

    Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.