ハイスクール/プレップ(高校)

アメリカ高校バスケットボールプレランキング~2021-2022

更新日:

※とりあえず、速報です。追記します。

   

2021-2022・プレシーズン、アメリカの高校バスケットボールランキング。

「大きな変化」がありましたので、リリースが遅くなりました。

そして、有力メディア・MAXPREPSが、ランキング作成のやり方を変えてきました。

   

アメリカ高校バスケットボールプレランキング-2021-2022-独立校Top20 by MAX PREPS

ようやく。

   

まずはこちら

Independent。地域の高校リーグなどに属さない、いわゆる”バスケットボール特化校”。「アカデミー」と名付けられるケースが多い、これらの学校が近年増殖。多くのNBA、NCAA選手を輩出しており、カレッジの下の世代においては中心的な役割を担っています。

全て、「私立」。

2022年大学進学選手ランキング(ESPN)にも、多くの所属選手がいます。*すでに進学先をコミット済みの選手が目立ちますね。

2023年

2024年

   

ランク学校所在地
1アリゾナコンパスプレップアリゾナ州チャンドラー
2モントバードアカデミーフロリダ州モントバード
3IMGアカデミーフロリダ州ブレイデントン
4オークヒルアカデミーバージニア州マウスオブウィルソン
5サンライズクリスチャナカデミーカンザス州ベルエア
6プロリフィックプレップカリフォルニア州ナパ
7リンクアカデミーミズーリ州ブランソン
8ヒルクレストプレップアリゾナ州フェニックス
9ラルミエールインディアナ州ラポルテ
10コンバインアカデミーノースカロライナ州リンカーントン
11ワサッチアカデミーユタ州マントプリーザント
12リアルソルトレイクユタ州ヘリマン
13セントベネディクトプレップニュージャージー州ニューアーク
14ドンダアカデミーカリフォルニア州シミバレー
15ハンティントンプレップウェストバージニア州ハンティントン
16アワーセイバールセランニューヨーク州ブロンクス
17デンバープレップコロラド州デンバー
18レガシーアーリーカレッジサウスカロライナ州グリーンビル
19ハミルトンハイツクリスチャンテネシー州チャタヌーガ
20ウィンストンセーラムクリスチャンノースカロライナ州ウィンストンセーラム
「増殖」

   

アリゾナコンパス、モントバード、IMGにオークヒル

もはやおなじみの、この4校がやや抜きん出ています

続くのが、昨季大きく台頭したサンライズクリスチャン

   

アメリカ高校バスケットボールプレランキング-2021-2022-Top25 by MAX PREPS

続いて、こちら

”伝統的”と言っていい、ハイスクール。日本でいう、「高校」です。

私立が多いですが、強豪公立校も存在します。

依然、こちらに通う有望選手も少なくありません。

毎年強い学校もあれば、1人のスーパースターが1シーズンのみ強くしてしまう場合もあり。

   

ランク学校所在地
1シェラキャニオンカリフォルニア州チャットワース
2ミルトンジョージア州ミルトン
3デマッサメリーランド州ハイアッツビル
4カムデンニュージャージー州カムデン
5ダンカンビルテキサス州ダンカンビル
6ノースリトルロックアーカンソー州ノースリトルロック
7リチャードソンテキサス州リチャードソン
8ドクターフィリップスフロリダ州オーランド
9ロングアイランドルセランニューヨーク州ブルックビル
10カルバリークリスチャナカデミーフロリダ州フォートローダーデイル
11ビューモントユナイテッドテキサス州ビューモント
12センテニアルカリフォルニア州コロナ
13オーランドクリスチャンプレップフロリダ州オーランド
14ギルセントバーナードニュージャージー州グラッドストーン
15ローゼルカトリックニュージャージー州ローゼル
16イムホテップチャーターフィラデルフィア
17ホイットニーヤングシカゴ
18センタービルオハイオ州センタービル
19バークマージョージア州リルバーン
20ビショップゴーマンラスベガス
21ウィーラージョージア州マリエッタ
22ノックスビルカトリックテネシー州ノックスビル
23カーメルインディアナ州カーメル
24グレンバードウェストイリノイ州グレンエリン
25セントポール6世バージニア州チャンティリー
伝統校と・・・

   

古豪と、花火のように1シーズンだけ輝く高校が混在。

トップ5のシェラキャニオン、ミルトン、デマッサ、カムデンにダンカンビルは毎年強い。

   

アメリカの高校・大学バスケットボールにおける大変化

さて、今季のランキング発表が遅れたのには、いくつかの理由があります。

1つは有力選手の転校→こちら

   

そしてもう1つが、、、

   

オーバータイムエリート(OTE)

今季から立ち上がった、オーバータイムエリートです。

これは昨年からザワザワしていたリーグなのですが、簡単にまとめると

・対象選手はは高校2年生、3年生、プレップ世代のスーパースター。プレップ世代はアメリカ人以外も含む。

計27人。全員がアトランタで生活し、勉強もする。

・競技:リーグ内、および国内外のチームとゲーム(例えば、上ランキングの独立校)。

・プロと同じく、プレイすることによって報酬をもらえる。その額は選手によって異なるが、最低10万ドル(約1千万円)。NCAAと同じく、NILで収益を売ることも可能。スニーカー会社とも個人で契約できる。

★重大なケガを負ってしまい、プレイができなくなった場合、大学進学の学費として10万ドル以上を保証。

・教育:1対1、およびグループでなされる。

以上、詳しくはこちらで。

   

やはり強いのはNCAA x NIL??

OTEについて詳しく書こうと思っていたのですが、、、

"NCAAが解禁したNIL"のインパクトが強すぎます。

その範囲が高校生にまで及んでいるため、OTEはもはや上に並べた学校に所属している選手たちとの差別化が困難になっています。

実際、多くのプロスペクトが大学進学を望んでいます。

   

あえてネガティブに記しますと、NCAA(と大学)は、放映権料やライセンス料、入場料など、自らの利権はそのまま守り、選手個人のNIL(Name、Image and Likeness)による収益獲得のみを、2021年7月1日から許可しました。

こう書くと、NCAAは大きな利益を全く分配しておらず、これまで同様批判にさらされるべきなのですが(実際批判はされてはいる)、その声はあまり聞こえてきません。

なぜか。

その「分配」がなくとも、選手は大きな、本当に大きな利益を手に入れることができているからです。

過去投稿1

過去投稿2

過去投稿3

   

そして11月に入り、またとんでもないニュース→こちら

正直なところ、このすごさの詳細を理解できていません。

おそらく、NCAAはもちろん、アメリカのスポーツ業界の人間であっても完璧には理解できていないでしょう。

こちらもどうぞ。

   

NCAAはおそらく、自分たちでも到底コントロールできない、とんでもないものをリリースしてしまったのだと思います。

それほど、「2021年7月1日までは」行き場のないお金がうずうずしていた。

それが爆発した。

そんな感じです。

   

とりあえず、次の大変化は・・・NBAがワンアンドダンを撤廃する時に起こります

   

※以上、とりあえず速報です。追記します。

ad




ad




-ハイスクール/プレップ(高校)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.