日本代表/FIBA

比江島慎 vs 中国・グオアイルン<比較!どっちがスゴイ?>

更新日:

ジョーダンブランドと契約した初の中国人選手、グオ・アイルン

大きなニュースとなりました。中国代表のガードで、リオ五輪にも出場したグオ・アイルンが、中国人選手としては初のジョーダンブランド契約選手に。


”ラッセル・ウェストブルックの隣にロッカーが用意される”という、破格の待遇!↓

 

   
このグオアイルンに、日本人選手はとても敵わないのか?決してそうは思いません。


個人的に、この中国人スター選手に一番近い存在なのは、(ポジション的に)Bリーグ三河の比江島慎であると思います。

渡邊雄太vs八村塁同様、ネタみたいになっちゃいますが、、、2人の比較をしてみました。

   

グオアイルンvs比江島慎

*NBAと”親しい”中国CBAは12分クォーター

   

比江島に辛く採点したつもりです。その”点差”、17。

ただこれは主に、昨年のリオ五輪出場はじめ、中国CBAというタフな場所に身を置ける、グオアイルンとの「環境の差」と考えています。37.6ppgという、Bリーグではとても考えられない数字を叩き出したジマー・フレデッテをはじめ、37.5ppgのエリック・マカラム、36.2ppgのマーション・ブルックスなど、ペイント以外に怪物がひしめいているCBAと、始まって間もないBリーグとでは、その”タフさ”に大きな違いがあります(Bリーグで思い浮かべる強烈な外国籍アウトサイドプレイヤーは、ディアンテ・ギャレットくらいでしょう)。


「環境」さえ変えれば、比江島はグオアイルンと大きくは変わらない、むしろ潜在能力は比江島の方が上なのではないかと思うのです。

   

 
ただ、比江島を1対1で抑えられるような選手はBリーグには存在しない。この環境で競技を続ける以上、グオアイルンとの差は開いてしまうと言わざるを得ません。→プレイオフを見る限り、完全にリーグのレベルが上がってますね。もうちょっとPLAY HARDが必要だとは思いますが。。。

   

BJ・アームストロングをスタッフに持ち、顧客にアンソニー・デイビスらのスターを抱える強力なエージェント、ワッサーマンがバックに控えるグオアイルンは、ジョーダンブランドと契約したことで、NBA挑戦を含めた、より競争的な環境を手に入れやすい状況にあると言えます。
*「行く」ようです↓
中国人選手のNBAサマーリーグ参加に関するツイート

遼寧フライングレパーズ所属のグオアイルン。キャリアハイの43得点↓


   

2017アジアカップで激突?

グオアイルンと比江島慎。2人のマッチアップが見られる可能性があるのは8月のアジアカップ。組み合わせどころか、厳密にはまだ出場さえ決まっていませんが、今回からオーストラリアとニュージーランドが参戦する、”新アジア”の王者を決めるイベントで、2人の対決が見たい。ここで大きなアピールが出来れば、同じくナイキと契約している比江島も、カワイ・レナードやクリス・ポールと同じCMに出る可能性だってあるのではないでしょうか(笑)。

比江島はグオアイルンより3歳年上の26歳。のんびりしていられません。アジアカップでの爆発を期待したいと思います。

*ヤオミンがCBAのトップに就いた中国は、レッドとブルー、2つの代表ロスターをリリース。これまでと違って両チームに明確な一軍、二軍の別をしておらず、レッドには2016年NBAドラフト43位で指名されたゾウ・キ、ブルーにはイー・ジャンリンとグオ・アイルンと、トッププレイヤーが分けられています。

*A Star Is Born.-グオアイルン(2010年)
*ギリシャ・パナシナイコスへの移籍の噂を報じる記事(実現せず。2012年)
*グオアイルンに関するFIBAの記事(2015年)

ad




ad




-日本代表/FIBA
-, , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.