NCAA(大学)

ゴンザガがBYUにリベンジ!ジョージワシントンは…NCAAwk13

更新日:

NCAAバスケットボール2017-2018最新ランキング


*最新ランキング(ESPN)

   

トップスリーがサバイバル。すごい。


ビラノバは今週もホームで2つ。デュークから大金星をもぎ取った、セントジョンズとバトラーを迎えます。


バージニアは今週@フロリダステイトとvsバージニアテック。アウェイでのFSU戦は難しいゲーム。

ビッグテンで負けなしのパーデューは今季最大のヤマ場。ホームでvsオハイオステイトと、@ミシガンステイト。注目です。


優勝した2015年以来、3年ぶりにvsセントジョーンズ@マジソンスクエアガーデンを組んだデュークはまさかの敗戦。ターンオーバーが18。デュークの鍵を握るのは4年生、グレイソンアレンでしょう。

ノンカンファレンスゲームを無敗で過ごし、一時最高3位にまで駆け上がったアリゾナステイトがついにランク外へ。今季は低レベルとされるパック12で5勝6敗。

カレッジバスケットボールはわかりません。

ネバダとマイアミ(フロリダ)がカムバック。

ケンポンでもトップスリーは同じ。

   

NBAドラフト2018に向けた注目選手

シャイギルジャス=アレキサンダー(ケンタッキー大学1年生、6-6、82kg、G)

   

ケンタッキー大学としては、ジャマールマーリー以来のカナダ人ガード。

特にスコアリング能力でマーリーには大きく及びませんが、SGAはビッグPGとしての期待大。

4.4apg、1.7spgはともにチーム1位。8割超えのフリースロー成功率もプラス評価。

ただ、、、細い。

比較対象にもあがっているマイケルカーター=ウィリアムス、そしてロンゾボールも同じ6-6ですが、2人よりも4,5キロ軽い体重は懸念されるところ。ケンタッキー大学そのものも今季は不安定で、SGAの指名順位もUKの今後の成績に依ってくるでしょう。

このままでは良くても15-20位あたりでのピックではないでしょうか。

   

NCAAバスケットボールにおける日本人、日本所縁の選手所属校の動向

ジョージワシントン大学と渡邊雄太

2017-2018ジョージワシントンバスケットボールは、先週がヤマ場でした。


vsデュケインを73-75で落とすと、それを引きずったわけでもないでしょうが、vsデビッドソンは58-87というショッキングな大敗。

   

   

アトランティック10、2勝8敗で最下位タイ。

さすがに"at large"(選考委員会によるNCAAトーナメント出場)は難しいでしょう。

残り8ゲームで一つでも多く勝って、一つでも高いシードでカンファレンストーナメントに出場し、優勝するしか道はありません。

   

孤軍奮闘の渡邊雄太。特にデビッドソン戦。同期のライバルで平均20点ほど取っているリーディングスコアラー、ペイトンオルドリッジをよく抑えました。

   

そのオルドリッジと比べても、どちらがNBAに進む可能性が高いか。間違いなく渡邊でしょう。

ジョージワシントンの”ミスター・エブリシング”。

4年生ですし、少なくとも今季は一番応援したい選手。

2016年にNIT優勝。日本にも凱旋。まさかこのようなラストシーズンとなるとは・・・


a10talkさんによるGW関連記事

チームともども来日したアスレティックディレクター、パトリックネロ氏も昨年末に辞任しました。


   

ゴンザガ大学と八村塁

昨季レギュラーシーズン唯一の敗戦(しかもホーム)を喫した相手がブリガムヤング。

今季も苦戦しましたが、八村塁の15得点の活躍もあってリベンジ。


   

APランキングも2つ上げましたが、同時に繰り上がったまさに目の上のタンコブ、セントメリーズと、日本時間2月11日にアウェイでリマッチ。

日に日に進化を遂げる八村から目が離せません。

「still yet to show his full ability」。

2018NBAドラフト関連記事でも再びその名が踊ります。

一体どこまで伸びるのか。

   

ジョージアテックとシェーファーアヴィ幸樹

シラキュースに55-51で辛勝も、@ボストンカレッジは72-80でACC4勝6敗で12位(15校中)。苦しい。
今週は@ルイビルに、日本時間2月12日はホームでデューク戦。

シェーファーアヴィ幸樹にはPTまわせず。

   

ポートランド大学とタヒロウディアバテ

ホームでペッパーダイン、ロヨラメリーマウントに連勝。WCC4勝8敗の8位は健闘と言っていいでしょう。
今週の@サンフランシスコと@パシフィックは難敵。1つ勝ちたい。

タヒロウはオーバータイムまでもつれたペッパーダイン戦で、キャリアハイの19点。
ロヨラメリーマウント戦ではスウェーデン人の220センチ、マティアスマルクソンのダンクを圧巻のブロック!↓


   

タヒロウも末恐ろしい選手。まだまだ伸びそう。

   

ピマコミュニティカレッジ(NJCAA)と榎本新作(アイザイアマーフィー)

2勝して通算21勝2敗。最新ランキング(NJCAAディビジョン2)で全米5位。

榎本はここまで16.2ppgで、スリーポイント成功率4割超え。

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.