Bリーグ/日本国内

Bリーグ2017-2018-第20節を終えて

更新日:




都合により、随分間が空いてしまいました。

B1第20節までの順位

東の激戦区ぶりがよくわかります。




 

チームスタッツ

スリーポイントを打つ割合と成功率


*右端の、割合・成功率とも35%以上をハイライト

琉球が際立ちます。75/195で成功率38.5%の岸本がリード。昨季レギュラーシーズン通算89/289で成功率30.8%から大きく改善。好調・琉球に大きく貢献しています。そして田代直希。37/96で、岸本と同じく成功率38.5%。彼も昨季の45/133、成功率33.8%から改善しています。ほか、23/53とアテンプトは少ないながらも成功率43.4%、ベテラン石崎も見逃せません。
西地区の意地を見せられるか。

そして名古屋。この順位とスリーポイントの相関性はあるのかどうか。

 

フリースロー獲得率と成功率


*右端、フリースロー率は25%以上をハイライト

成功率80%チームはゼロ。。。60ゲームほどを消化したNBAではゴールデンステイト、ポートランド、ミネソタ、そしてトロントが8割超え。ほとんどのチームが75%を維持しており、7割を切っているのはレイカーズのみ。成功率60%台のBリーグ球団は深刻に受け止めるべき数字。
*ちなみにNCAAディビジョン1では8割超えが1校のみ。ただし、351校中59校が75%を維持。
北海道、新潟が相変わらずリーグを牽引。

 

アシストとターンオーバーの比率

11節終了時点で1.51だった栃木がついにここまできました。
琉球のターンオーバーはもはや伝統か(笑)。




 

選手個人成績

フリースロー獲得率と成功率


*いつもどおり、FGA40本以上で抽出。右端、フリースロー率25%以上かつ成功率80%以上をハイライト。

何と言ってもダバンテ・ガードナーでしょう!あのニック・ファジーカスを大きく上回るフリースローアテンプトは、リーグダントツの325!それでいて成功率85.8%!脱帽です。

そして、日本人選手の奮起を!

 

得点王レース

ガードナー!




アシストとターンオーバーの比率


*アシスト2.0pergame以上の選手を抽出しています。

 

リバウンド

トップ3選手はアベレージでダブルダブル。
オフェンスリバウンドはスコット、バッツ、スミス、ディフェンスリバウンドはファジーカス、ロシター、スコットの順になります。

<追記>
個人的に、、、地元の大阪と西宮の成績がパッとしないのが残念ですが、同じ西地区で堅調な京都の選手に注目しています。
ジュリアン・マブンガです。

パープルの32番と20番。ゴードン・ヘイワードと高校時代チームメイトで、全米一アツいと言われるインディアナ州の2008年高校チャンピオン(4A、クラスごとに分けられている)。
そういったプロフィールばかり気にしていて、昨季までの滋賀のゲームはあまり見ていませんでしたが、マブンガは賢い。昨季ファジーカスとガードナーに続いて得点3位だった能力はもちろんですが、IQの高さが際立ちます。日本での知名度は低いものの、パブリックアイビー(公立のアイビー)の一つに数えられている、マイアミ大学(オハイオ州)出身選手はやはり違う、と感心させられます。*同校OBはロン・ハーパーやウォリー・ザービアックなど
ジョッシュ・チルドレスとはまた違った賢さを持つマブンガの奥さんは、チルドレスと同窓、スタンフォード大学出のWNBAプレイヤー、才色兼備のジェネット・ポーレン。
知性が漂う(?)この夫婦のツイッターアカウントはフォローをおすすめします(笑)

マブンガ夫妻の東京デート

ad




ad




-Bリーグ/日本国内
-, , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.