*

バスケットボールアジア選手権男子2015-直前情報-

アジア選手権。いよいよです。

各国ロスターも出そろいました。

いくつかの直前情報を書きます。

公式サイト

まず、平均身長と平均年齢。

中国:203センチ   24歳

カタール:199センチ   28歳

カザフスタン:198センチ   26歳

イラン:196センチ   27歳

ヨルダン:196センチ   28歳

フィリピン:195センチ   31歳

レバノン:195センチ   26歳

韓国:194センチ   27歳

チャイニーズ・タイペイ:192センチ   30歳

日本:192センチ   28歳

予想通り、一番小さい国となりました(笑)。

これでアジアチャンピオンになれば痛快です。

そして、大きな希望となります。

中国との差はなんと11センチ!

でもあまり言い訳にはならないですね。

先にリオ五輪行きを決めた女子日本代表、決勝を戦った中国よりも
平均身長で8センチ劣りながら優勝しました。

第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会 日本代表選手 メンバー表

■チームスタッフ
ヘッドコーチ 長谷川 健志(公益財団法人日本バスケットボール協会)
アシスタントコーチ 佐藤 賢次(東芝ブレイブサンダース神奈川)
アシスタントコーチ 佐々 宜央(リンク栃木ブレックス)
ドクター 金 勝乾(順天堂大学医学部附属練馬病院)
トレーナー 西村 航(公益財団法人日本バスケットボール協会)
トレーナー 兒玉 清志(公益財団法人日本バスケットボール協会)
マネージャー 宮本 望(リンク栃木ブレックス)
テクニカルスタッフ 末広 朋也(公益財団法人日本バスケットボール協会)

■選手
#0  田臥 勇太(リンク栃木ブレックス)
#6  比江島 慎(アイシンシーホース三河)
#8  太田 敦也(浜松・東三河フェニックス)
#10 橋本 竜馬(アイシンシーホース三河)
#14 金丸 晃輔(アイシンシーホース三河)
#15 竹内 譲次(日立サンロッカーズ東京)
#16 松井 啓十郎(トヨタ自動車アルバルク東京)
#17 荒尾 岳(千葉ジェッツ)
#24 田中 大貴(トヨタ自動車アルバルク東京)
#25 古川 孝敏(リンク栃木ブレックス)
#34 小野 龍猛(千葉ジェッツ)
#42 広瀬 健太(日立サンロッカーズ東京)

石崎、満原、田口らが外れ、辻も間に合わず。

大会前、最後のパワーランキングも出ました。

1位イラン、2位中国、3位フィリピン、4位ヨルダン、5位C.タイペイ、

6位日本、7位カザフスタン、8位カタール、9位韓国、10位レバノン

日本についてのコメントは最も短かった(笑)↓

Japan will not be found wanting for scoring punch in the backcourt.
This should be one of the most fun teams to watch in China.

fun

意味は違うかもしれませんが、”fun”なスタイルで、

かつ”勝って”ほしい。

ダークホース扱いですね。

いいと思います。

桜井ジェイアールと、そして竹内公輔。インサイドの核であった2人が抜け、
日本は戦い方を変えました。

(強化試合を見る限り)個人的にはまだまだ足りないとは思いますが、
”前からあたる”ようになってきました。

”平面重視”に変わってきました。

↓8月のチェコ戦

*折茂選手の解説もわかりやすく、的を得ている。

キーマンは田臥、竹内譲次だと思います。

チーム最年長ながら、攻守ともにスピードあふれるプレイを見せている
田臥はついにこの舞台。チェコ戦同様、相手、そして味方をも、
速いペースにノセテほしい。
無理かな?と思っていましたが、スピードは衰えず、加えて経験。
最高の状況で臨む、初の五輪予選ではないでしょうか。

従来の、インサイド重視の日本なら、より必要とされたのは兄・公輔だった
のでしょうが、アウトサイド含めたプレイの幅なら譲次が上。
現在の日本最高の選手として、最高のパフォーマンスを見せてほしい!

欲を言えば、、、

少なくとも、ショットが決まった後は”全員で”前からあたってほしい。

ゾーンでも”追いかけて”ほしい。

そして、これはこの大会では無理でしょうけど、太田や譲次、そして
小野あたりにもスリーポイントをポンポン放るようになってほしい。
でなければドライブ。ただしバスケットに真っ直ぐに向かっていくヤツ。
点取りに行く、強いヤツ。ファウルもらえる、強いヤツ。

それこそが、アジアで最も小さい国、日本の目指すべきスタイルでは
ないでしょうか。

今までにない日本代表が見れる気がする。

優勝を信じています。

最後の最後に。

Xファクターは比江島。

大会で一皮も二皮も、「むけにむけて」ほしい。

サイズ、才能は十分!!

ad




関連記事

ニック・ファジーカスと日本のバスケットボールとMr.Basketball。

琉球ゴールデンキングスの優勝で幕を下ろしたbjリーグに続き、NBLも最後のシーズンの終わりを迎えてい

記事を読む

アメリカの高校(ハイスクール・プレップ)バスケットボール

<後日追記> 別サイトは閉鎖致しました。内容はこちら(ASIA&JAPAN)へ移しております。

記事を読む

アメリカの高校(ハイスクール)・プレップスクールのバスケットボール

”日本人NBA選手を目指す道”として、カテゴリーは<ASIA&JAPAN>に置き

記事を読む

Bリーグの外国人選手②-B1中地区-

2017-2018シーズン新外国人選手-B1 2017-2018シーズン新外国

記事を読む

日本の高校バスケットボール-関東

*随時更新するつもりです。 茨城県 秋田における能代工業のような存在が土浦日本大学高校。1977

記事を読む

日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-①日本バスケットボールの歴史

日本の、日本代表のバスケットボールについて、その環境や選手はどのように変わってきたのでしょうか。

記事を読む

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-Bリーグの選手個人成績・スタッツ-リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編-レギュラーシーズン終了

Bリーグの個人成績、スタッツ。得点とシューティング編に続き、今回はリバウンド、アシス

記事を読む

FIBAランキングについて。

  *2017年4月時点のランキングについて   FIBAラン

記事を読む

アメリカの高校(ハイスクール)・プレップスクールのバスケットボール-西部

対象エリア:モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州、コロラド州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、ユタ州

記事を読む

日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-②日本代表の主な戦績と選手

→日本の、日本代表のバスケットボールを振り返る-①日本バスケットボールの歴史 バスケッ

記事を読む

ad




ad




八村塁とタヒロウ、渡邊雄太、そしてNBA~2017-2018おすすめの現地観戦

シーズン到来!ぜひ現地観戦へ!! U19ワールドカップにアジアカ

タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑