*

マグジー・ボーグスと小さいバスケットボール選手。

タイロン”マグジー”ボーグス

彼は小さいバスケットボール選手の希望の星

これは絶対見ます!
まさに「奇跡のレッスン」だと思います。

中学から大学まで、部活を通して10年バスケットボールをプレイしました。
10年間、ずっとポイントガードでした。
大学のときで5-7。170㎝。先輩に小さい選手がいましたが、後輩は皆大きく、4年生のときにはチーム最低身長。
180㎝超えのPGなんて当たり前でしたから、よくポストアップされました(泣)
中学の時は160㎝くらい。
親も含めて、周囲の人は「バスケは身長が高くないと無理」とか普通に言ってたし、当時憧れていたロサンゼルス・レイカーズのPG、マジック・ジョンソンは206㎝とかもう人間じゃないし、、、
10年間バスケットボールを続ける中で、(牛乳飲んだりしたけど)なかなか身長が伸びなかった僕は逆に、「小さい選手が生き残る術」を探していました。

1986年。高校生の時に月刊バスケットボールを読んでいたら、スペインでの世界選手権の記事がありました。
「前年、神戸ユニバーシアード決勝で、221㎝のアルビダス・サボニス率いる(旧)ソ連に劇的なスリーポイントショットで敗戦したアメリカ。このマドリッドでの世界選手権決勝で再戦。またも僅差リードするもソ連が猛追。また神戸の再現か、と思われたが、今回のアメリカには役者がいた。160センチのリトルビッグマン、タイロン・ボーグスが巧みなボールハンドリングで逃げ切り、NCAAオールスターのアメリカ代表が優勝」という内容でした。

↓決勝の動画は削除されていたのでこちら

翌1987年NBAドラフトで、ボーグスは1巡目12位で指名され、NBA選手に。

160センチのNBA選手!

小さくてもできる。

単純に、希望の星でしたね。

プレイぶりはもちろん、ボーグスのことは色々調べました。
出身はメリーランド州のボルティモア。
ポウル・ロウレンス・ダンバーという、公立高校で伝説的なチームを率いて大活躍。大学はノースカロライナ州の強豪、ウェイクフォレスト大学へ。
ダンバー高校時代のことについては、数年前アメリカのSLAMマガジンで特集が組まれました↓

簡単に言うと、決して恵まれた環境に無い選手たちが集まったこの高校が、全米王者級の快進撃を見せたということ。

後のNCAA、NBA選手が集合した当時のチーム。
真ん中前がボーグス。その後ろがジョージタウン大学に進み、ボーグスと同じ1987年NBAドラフト組(1巡4位)のレジー・ウィリアムス。
ウィリアムスの左。ボストンのノースイースタン大学に進学し、やはり1987年、22位でボストン・セルティックスに指名された、故レジー・ルイス。
彼らの1こ上にはウィリアムスと同じく、ワシントンDCの名門ジョージタウン大学からNBAに進んだデビッド・ウィンゲイト↓(1986年NBAドラフトで2巡目44位指名)

ダンバー高のニックネームは「Poets」。そのまま「詩人」。著名な黒人詩人、ポウル・ロウレンス・ダンバーに因みます。

ボーグスらの活躍もあって、ダンバーは強豪校へ。後にはサム・キャセールなども輩出します。

今から20年ほど前。
NCAAバスケットボール好きの僕は、ノースカロライナを訪ねました。シャーロットにNBA球団がありますが、やはりこの州はカレッジバスケットボール。ノースカロライナ大学、デューク大学、ノースカロライナステイト大学と、ウェイクフォレスト大学。同じACC(アトランティックコーストカンファレンス)というリーグに所属する4校は”BIG4″と呼ばれています。

ボーグスはウェイクフォレスト大学時代、1年生時こそNCAAベスト16に進みますが、残り3年はNCAAトーナメントに出場さえできず。それでも孤軍奮闘。オールアメリカに選出され、#14はウェイクフォレスト大学の永久欠番の一つ。

ボーグスの偉業を讃えるコーナーがありました↓

小さめの私立校ですが、学業も有名。田舎に建つ、アメリカのメジャーカレッジとしてはこじんまりとしたキャンパス↓

訪れた当時、ウェイクフォレストにはティム・ダンカンが在学中。この時は夏のオフに行ったのでダンカンには会えず。レプリカジャージーだけを買いました。(#21も欠番)

DSC_0416

ウェイクフォレストのあるウィンストン=セーラムという町は、名前からわかるとおり、まずタバコが有名。加えて、人口20万そこそこながら、Tシャツで有名なヘインズの本拠もあります。*Hanesはノースカロライナ大学出身のマイケル・ジョーダンが広告塔に。

NEWOL5

ヘインズの関連企業でもあるため、ウェイクフォレスト大学のユニフォームは長らくチャンピオン製でした。が、いまはナイキに奪われています。。。

長くなるので省きますが、ウィンストン=セーラムは南方にある州最大都市のシャーロット、東方の州都ローリーからそれぞれ車で2時間弱です。日本でも一時大きなブームを起こした、あのクリスピークリームドーナツの本社もウィンストン=セーラムにあります。

ノースカロライナ州

さて、小さいバスケットボール選手について。
”ボーグス以降”も追いかけました。
ミズノのテレビコマーシャルで、日本でも有名になったアンソニー”スパッド”ウェッブ。170センチのウェッブはノースカロライナステイト大学出身。

彼もすごかった。

現役NBA選手なら、アイザイア・トーマスでしょうか。

ウィキペディア英語版には、日系人選手、ワッツ・ミサカさんや田臥選手の名前が↓

小さいNBA選手一覧

最後に、当時世界最強と言われた旧ソ連をやぶった1986年アメリカ代表。*USA BASKETBALL公式サイトより↓

ヘッドコーチは殿堂入りしているアリゾナ大学の名将、ルート・オルソン。大学の教え子だった、現ゴールデンステイト・ウォリアーズHCのスティーブ・カーとショーン・エリオットを連れて行きました。アシスタントコーチに当時ジョージアテックを率いたこれも名将、ボビー・クレミンズ。このメンバーの一人、トム・ハモンズとともに、この後来日しています。

現在ハーバード大学で指揮をとる、デューク出身のトミー・アマカーや、ノースカロライナからNBAに進んだケニー・スミスなど、ボーグス以外にも好ガードが目立ちました。

カーのこの大会での大怪我など、いろいろネタは尽きませんが最後の最後に。

カーの後輩でもある、現在のアリゾナ大学のガード、パーカー・ジャクソン・カートライト。彼にも注目しています。

とにかく、、、

小さくてもできる!

間違いないです。

<追記>
NCAAディビジョン1の中堅校、デイトン大学に所属したキース・ブラズウェル。身長ジャスト5フィート(152.4センチ)!

ad




関連記事

ノースカロライナがファイナルフォー進出!NCAAトーナメント2017-SOUTH

ブラケット リージョナルファイナル結果 2位ケンタッキー 73-75 1位ノースカロライナ

記事を読む

ゴンザガとジョージワシントンは?レギュラーシーズン終了。カンファレンストーナメントへ!

NCAAバスケットボールは現地3月5日にレギュラーシーズンが終了。カンファレンスによっては既にカンフ

記事を読む

ノースウェウタン大学(Northwestern University)ワイルドキャッツ【カレッジ紹介26】

私立 ロケーション:イリノイ州エバンストン(シカゴエリア) ニックネーム:ワイルドキャッ

記事を読む

ボックスアウトドリル-やれば勝てる!(今ならやったもん勝ち)

ボックスアウト。 ボックスアウト。 ボックスアウト。 NBAを含めたトップカテゴリーでも徹

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン②20位~16位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここに掲載している順位は6月時点の

記事を読む

ウィリー・コーリー=スタイン-NBAドラフト2015個人的一押し

NBAドラフト2015が近いづいてきましたね。 別の機会に全体を見たいのですが、とりあえず、個

記事を読む

テレンス・ファーガソンとオーストラリアNBL-NCAAピンチ?Bリーグは?

ベン・シモンズが吠えている件を先日書きました。 それに関連して。 NCAAバ

記事を読む

ゼイビア大学(Xavier University)マスケッティアーズ【カレッジ紹介24】

ゼイビア大学(Xavier University)の概要 私立校 ロケーション:オハイオ

記事を読む

TJ・リーフ-2017NBAドラフト指名候補選手

TJ・リーフ 6-10(208cm) 102kg フォワード UCLA1年生 比較対象:トム・グ

記事を読む

ゴンザガ6戦全勝、ジョージワシントンは3勝3敗。

https://twitter.com/AdvoCareInv/status/80297814096

記事を読む

ad




ad




タヒロウ・ディアベイト(帝京長岡高校出身)とポートランド大学

全米注目?タヒロウ・ディアベイト 複数のアメリカ人コーチとテキストメ

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B2

→B1の新外国人選手 B1に続き、今回はB2。注

Bリーグの新外国人選手-2017-2018-B1

↓2016-2017-Bリーグ初年度の外国人について

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン⑤5位~1位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

NCAAカレッジバスケットボール・予想ランキング2017-18シーズン④10位~6位

2017-2018NCAAカレッジバスケットボールランキング *ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑