*

渡邊雄太とジョージワシントン大学コロニアルズ2017-2018

渡邊雄太、最後のシーズン!

早かった。あっという間に4年生です。
2017-2018。渡邊雄太選手とジョージワシントン大学の新シーズンはどのようになるでしょうか。

ジョージワシントン大学のリクルーティング

以前の投稿で書いたとおり、エースフォワード、タイラー・カバノーが抜けたジョージワシントンの課題は何といっても選手の獲得、リクルートです。

一体何が起こってるのか、次から次へと選手が出ていく(転校など)状態。特にインサイドで良い活躍を見せ始めていたコリン・スミスの転校(セントラルフロリダへ)が痛い。
3人が卒業、5人が転校。出ていきすぎです。。。↓

新加入でまず即戦力となりそうなのは、アーメル・ポッター。チャールストンサザン大学から転校の3年生。6-1でそこそこ得点力あり。
他3人もガードで、いずれも評価は★2つ。彼らの出場時間は限られるでしょうが、最低一人のベンチからの貢献(5ppgほど)は不可欠でしょう。6-5のメイシオ・ジャックは渡邊選手と同じセントトーマスモア出身。あとは6-2のテリー・ノーランと、6-3ジャスティン・マズーラ

注目はまだ残るスカラシップ(奨学金)の枠。当然ビッグ(マン)。
スペイン出身のジャビア・ランガリカ(Javier Langarica、発音自信なし)。元々はゴンザガ以上にインターナショナルに強いジョージワシントン。6-9(ウィングスパンは7-0)の彼が救世主となれるか。なってくれないと困ります(笑)。

スローな感じは否めませんが、けっこうやれそう。化けてほしい!

スターター予想は、スティーブス、ボールデンと、インサイドのトロ、もちろん渡邊雄太。もう一人、核となるガードの台頭が望まれます。いずれにせよ、内外角両方で渡邊選手の負担は相当大きなものとなりそうです。
自覚は十分のようで、頼もしいtweetがありました。体重が90㎏到達です!

入学時は80㎏未満のようでしたから大きくアップ。よく比較対象になるケンタッキー大学出身のテイション・プリンスも80→97㎏(大学4年時)でしたから、「将来」にも向け順調と言えるのではないでしょうか。

走力は渡邊が上だと思ってます!!

<追記>
*すみません、勘違いしておりました。サウスフロリダ大学からの転校生、”ボー”ジグラーがプレイ可能のようです。であれば、彼がスタートの可能性も。運動能力の高い3番です。




ジョージワシントンの2017-2018スケジュール

*全スケジュール確定ではないので、後ほどアップデートします。

まずいきなりのビッグイベントは、現地11月23、24日に行われるラスベガスインビテーショナル。アリゾナステイト、カンザスステイトに、2016エリートエイトのゼイビアとともに参戦。組み合わせは未定ですが、名門ハイメジャーと激突です(決勝、3位決定戦もあり)。

そしてこれも組み合わせ未定ですが、アトランティック10とほぼ同等の準ハイメジャーカンファレンス、アメリカンアスレティックとのカンファレンスチャレンジ(対抗戦)。*昨年も対戦した、コリン・スミスの転校先セントラルフロリダとのカードを予想する声多数。

あとは定期戦(ホーム&ホーム)。マイアミ(フロリダ)と、今度はホームゲームです。現地12月16日。

最後にカンファレンスゲーム。ペアリングがつい先日アナウンスされ、デイビッドソン、ジョージメイソン、リッチモンド、デュケーンにVCUとホーム&アウェイ。地理上のこともあり、昨季と全く同じです。

2017-2018シーズン展望など

渡邊選手悲願のNCAAトーナメント出場は厳しいと言わざるを得ません。
プレシーズンは130-150位あたりにランクされるのではないでしょうか。
しかしNCAAバスケットボールほど当てにならないランキング、予想はありません。渡邊選手の最後のシーズン、チームの大化けを望みます。

最後にアトランティック10カンファレンスの注目の新人について。
まずミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポの弟コスタスがデイトン大学でデビュー。デイトンはコーチが交代。アーチー・ミラーがトム・クリーンに代わってインディアナへ栄転。元VCUとアラバマのヘッドコーチで、オクラホマシティ・サンダーのアシスタントを務めていたアンソニー・グラントを迎えました。

そしてケンタッキー出のトラビス・フォードがHCのセントルイス。フォードは強力なコネクションを擁しており、4つ星のジョーダン・グッドウィンを獲得。セントルイスとしてはラリー・ヒューズ以来の好リクルート。

3人目はデビッドソンのキーラン・グレイディ。彼も4つ星で、出身校はノースフィールドマウントハーモン。テーブス海選手の1こ上のチームメイト。

この3人は必見。動画がまとめてありますので、a10talkさんの記事を是非!
アンテトクンポ弟↓

”色々あって”、ジョージワシントンはどうしてもこのあたりの選手を獲れないんですよねぇ。。。仕方ない。

ロスターもまだ確定ではないですし、スケジュールもまだまだこれから。またアップデートします!

<追記>
ヘッドコーチが交代した、ビッグテンの名門イリノイからDJ・ウィリアムスを獲得。シカゴ出身の6-7。デリック・ローズやジャバリ・パーカー、ゴンザガのザック・ノーベルらを輩出したシメオン出。ただしプレイは2018-2019シーズンから。。。

ad




関連記事

八村塁選手のゴンザガ大学がWCCカンファレンスチャンピオン!

ゴンザガ優勝!! 八村塁選手が所属するゴンザガ大学が、(WCC)ウェストコーストカンファレンスのレ

記事を読む

ゴンザガ対ウェストバージニア戦直前-NCAAトーナメント2017WESTリージョナルセミファイナル

#1シード ゴンザガ大学ブルドッグス 34勝1敗 WCCカンファレンス17勝1敗 1位  19年連

記事を読む

渡邊雄太、ジョージワシントン大学、NIT優勝!!!そして来日!!!

<追記> ジョージワシントン大学の2016-20017ロスターが更新されたのですが、、、 た

記事を読む

フィンドリープレップ(Findlay)-視聴のおすすめ-

ラスベガス郊外にあるフィンドリーというプレップスクールをご存知でしょうか。 バスケットボールに

記事を読む

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定! Class of 2018(2018年大学入学者)の日本人選手、テ

記事を読む

ノースカロライナがゴンザガをやぶり、2017NCAAチャンピオン!さて来年は?

ゴンザガ 65-71 ノースカロライナ ノースカロライナ大学ターヒールズが、8年ぶり6回目の優勝!

記事を読む

マリック・モンク-2017NBAドラフト指名候補選手

マリック・モンク 6-3(191cm) 90kg ガード ケンタッキー大学1年生 比較対象:ブラ

記事を読む

TJ・リーフ-2017NBAドラフト指名候補選手

TJ・リーフ 6-10(208cm) 102kg フォワード UCLA1年生 比較対象:トム・グ

記事を読む

ゴンザガが3年連続で16強!NCAAトーナメント2017セカンドラウンド-WEST

ブラケット セカンドラウンド結果 8位ノースウェスタン 73-79 1位ゴンザガ @ソ

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボールランキング2017<ポストシーズン>

新シーズン予想、2017-2018分は5回に分けました↓ NCAAカレッジバスケットボール・予

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第3節を終えて

(今季はBリーグ関連投稿、週1回をできるだけ心がけます) &nb

Bリーグ2017-2018-第2節を終えて

NBAよりも一足早く開幕したBリーグ。 *オーストラリアNBLはアメ

NCAAディビジョン1の日本人選手~2017-2018シーズン-

2020年の東京オリンピックのみならず、今後、日本のバスケットボールを

リック・ピティーノ解任へ-NCAAリクルート問題-

NCAAリクルート関連で激震 「激震」ではありますが、その内容につい

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定! Class of 2018(2018

→もっと見る

PAGE TOP ↑