NCAA(大学)

NCAAカレッジバスケットボールランキング<2020-2021>

更新日:

NCAAバスケットボール最新ランキング<week11>

激しい!

2020-2021シーズン開幕以降、最もエキサイティングな週となりました!

ゴンザガ、ベイラー、ビラノバ、ミシガンのTop4に変動はなかったものの、カンザス、テキサス、そしてアラバマと、ランク校を立て続けに破ったオクラホマが、ランク外から一気に9位!!

ところが、このランキングが発表された、まさに今日、@テキサステックに敗退。来週は12,3位まで後退しそうですが、シーズン前の評価を考えると見事な成績。ベテランヘッドコーチで、かつてはNBAでも指揮した、ロンクルーガーはさすがの一言。

もう1校は遂にランキング入りしたドレイク

ほぼ日本では知名度がなく、久しくNCAAトーナメント出場がないアイオワ州デモインの学校ですが、さすがにミズーリバレーカファレンス(MVC)所属校は侮れない。

ゴンザガ、ベイラーとともに、ディビジョン1で無敗のサバイバルを続けているのは見事。

スケジュールが楽であることは否めませんし、カンファレンストーナメントを勝ち抜く必要はありますが、13年ぶりのNCAAトーナメント出場を狙います。

対照的に、崖っぷちなのがカンザス。テネシー戦を落とし、19位まで降下。

ケンタッキー、デューク、ノースカロライナ、そしてミシガンステイト。

これらの名前がTop25にないのは、COVID-19の影響だけではないでしょう。

   

日本人、日本縁の選手(男子)

まずはUCデービス。1月下旬から所属カンファレンス・ビッグウェストのゲームを再開。4ゲームで1勝3敗と苦戦していますが、何より、渡辺飛勇(ヒューホグランド)選手の姿がないのが気がかり。

   

対して、ドゥ”ドゥドゥ”ゲイ選手のルイジアナ・ラファイエットが好調。

難敵・テキサスステイトに、アウェイで貴重な連勝!

1戦目にダブルダブルを記録したドゥドゥも大きく貢献。

カンファレンス7勝3敗とし、サンベルトで単独1位に立ちました。

ドゥドゥのNCAAトーナメントでの勇姿は見たいですね。

   

弓波英人選手のジョージアサザンもアウェイ。サウスアラバマとのシリーズを1勝1敗。カンファレンス5勝5敗、通算11勝8敗は、健闘と言えます。

   

先週書いた富永啓生選手の、NJCAA・レンジャーカレッジ含め、日本人男子選手が所属する学校のゲームはなかなか消化できません。言うまでもなく、新型コロナウィリスの影響ですが、ディビジョン3・木村圭吾選手のセントジョセフ(USJ、コネティカット州)が、ゲームを組み始めた報。

ソースはニューヨークにあるユダヤスクール、イェシバの公式で、現地2月27日と3月1日、それぞれ@イェシバ、@USJで1ゲームずつ実施とされています。

実現すれば、昨季のNCAAディビジョン3ランキング8位のイェシバと、24位のセントジョセフの激突という好カード。まだ少し先の話ですが、楽しみです。

*相手のイェシバ含め、ディビジョン3のバスケットボールは面白い。後日あらためて書いてみたいです。

   

日本人、日本縁の選手(女子)

こちらも目が離せない、NCAA女子バスケットボール!

まず今日リリースされた、最新ランキング(AP通信)

ランキング大学成績
1ルイビル16勝1敗
2サウスカロライナ14勝1敗
3コネティカット11勝1敗
4ノースカロライナステイト12勝1敗
5UCLA10勝2敗
6スタンフォード15勝2敗
7テキサスA&M16勝1敗
8ベイラー12勝2敗
9アリゾナ11勝2敗
10メリーランド12勝2敗
NCAA女子も激しい!

   

今野紀花選手のルイビルがついに1敗!

直前のゲームでバージニアテックに敗れていたノースカロライナステイト。

気落ちしたNCステイト相手に、ホームで圧倒したいところでしたが、、、

「お付き合い」してしまいました。

これで全勝校が壊滅。

男子同様、女子の混沌さも年々面白くなります。

将来のWNBA選手がごろごろしている、この環境に身を置く今野紀花選手はまだ2年生。

本当に楽しみです。

ルイビルは1敗を喫したものの、最新ランキングがリリースした直後のゲームだったために、1週間は1位キープ。

次週はランキングを作る方も悩ましい(笑)。

まして、NCAAトーナメントの行方は全くわかりません。

   

池松ほのか選手のロバートモリスは、ホームでのヤングスタウンステイト(オハイオ州)とのシリーズを1勝1敗。ホライゾンリーグ3勝9敗。

   

ヒル真理選手のボウリンググリーンは好調維持!

ウェスタンミシガンとトレドに連勝し、MACカンファレンス9勝2敗(通算13勝3敗)。リーグでは2位ですが、1位ケントステイトは思うようにゲームを消化できておらず、順当ならばボウリンググリーンのNCAAトーナメント出場の可能性は高い!

   

鈴木妃乃選手のノースアラバマは、ホームでのノースフロリダ戦を痛い連敗。ASUN(アトランティックサンカンファレンス)4勝4敗で、通算5勝12敗。

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.