NCAA(大学) 日本代表/FIBA

アラバマ大学と日本代表バスケットボールと、スリーポイント

更新日:

NCAAカレッジバスケットボール注目校:アラバマ大学クリムゾンタイド

NCAAバスケットボール2021-2022シーズン開幕前にしたツイート

   

サンディエゴステイトアリゾナ、そしてネブラスカについては書きましたが、今回はアラバマ大学バスケットボールについて少し。※再度詳しく書くつもりです

   

アラバマ大学のバスケットボールになぜ注目しているのかと言えば、非常に現代的な、そしてトムホーバス率いる(率いた)日本代表バスケットボールに似たものを感じるからです。→前シーズンの投稿

   

アラバマ大学@メンフィス大学

アラバマ大学はハーブジョーンズとジョシュアプリモ、そしてジョンペティなど、昨季スウィートシックスティーンまで躍進したチームの主力が抜けながら今季も好調。ゴンザガを、実質アウェイとなるシアトルでのゲームでやぶるなど、投稿時点で8勝2敗。APランキングで6位です(@メンフィスを落としたので、次回更新で下がるかも)

スケジュール(ハードに組んでいます)

   

アラバマ大学のスリーポイントシューティング

スリーポイントシュート(ショット)に重きを置くアラバマは、その確率が命綱。

初のファイナルフォー、そして優勝さえ十分な可能性を持ちながら、NCAAトーナメントリージョナルセミファイナルで、UCLAに敗れ去ったゲームの3ポイントシューティングは、7/28で25%。→ボックススコア

   

スリーポイントの確率が悪ければ死ぬ

   

極端ですが、アラバマのスタイルはこう表現されてしまいます。

   

今季開幕10ゲームはどうでしょうか。

ロケーション対戦相手勝敗スコア3P成功数3PA試投数3P%
ホームルイジアナテック勝〇93-64133339.4%
ホームサウスダコタステイト勝〇104-88134032.5%
ホームサウスアラバマ勝〇73-6872725.9%
ホームオークランド勝〇86-59103627.8%
ニュートラルアイオナ負●68-7251729.4%
ニュートラルドレイク勝〇80-7151926.3%
ニュートラルマイアミ(フロリダ)勝〇96-64163053.3%
ニュートラルゴンザガ勝〇91-82133438.2%
ホームヒューストン勝〇83-8271838.9%
アウェイメンフィス負●78-92103330.3%
バスケットボールリファレンスより

   

まず、成功率35%あたりが分かれ目。

30%あたりだと、能力がそれなりに高いチーム(メンフィスなど)には負けてしまう。

   

注目はネリージュニアジョセフのアイオナ戦。

驚きの被アップセットは2021年NCAAトーナメントの再戦でしたが、3ポイント試投数、トータルスコアとも今季最低。

”元祖スリーポイントの使い手”リックピティーノが見事でした。

   

アラバマのバスケットボールは「わかりやすい」ので、相手はロースコア狙い、スリーポイントを打たせないディフェンスをしてきます。(サウスアラバマ戦も危なかった)

   

このあたりの駆け引きも面白い。

   

NCAAディビジョン1スリーポイント試投げ数・成功率ランキング

3pt平均試投数
ランキング
チーム平均3pt試投数3pt%3pt%ランキング
1イースタンケンタッキー35.2734.54143
2VMI
(バージニアミリタリーインスティテュート)
34.5036.7167
3オーラルロバーツ33.0038.7920
4ウェスタンカロライナ32.2736.3477
5ザシタデル31.7536.6170
6サムフォード31.7032.18240
7フロリダガルフコースト30.4236.7168
8ファーマン30.0038.4828
9ビラノバ30.0037.6739
10ブライアント29.6428.83313
11プリンストン29.5837.1850
12ホフストラ29.5536.3179
13ラファイエット29.4033.67173
14コルゲート29.3638.723
15コーネル29.1037.837
16フロリダインターナショナル29.0034.48146
17サムヒューストン28.9033.56177
18ダートマス28.8836.3674
19シアトル28.8237.5443
20ノーザンケンタッキー28.7836.2980
21コッピンステイト28.7329309
22アラバマ28.7034.49145
投稿時点

   

アラバマは試投数22位(358校中)、成功率は145位(〃)。

ビラノバやプリンストンは、両方でアラバマを上回りますから、、、まだまだこの数字を向上させる必要があります。

   

ランク校、ハイメジャー校でスリー重視は少ないですね。

これは概ね、強豪校がサイズと才能を兼ね備えているからだと言えます。

スリーに頼る必要がない。

※ビラノバは特別

   

スリーに生きる者はスリーに死す?

随分古い、スリーポイントがNCAAに導入されてもいない時の、月刊バスケットボールの増刊号。

私にとって、バイブルの1つ

ここに、1983年のNCAAファイナルで、圧倒的な強さで勝ち進みながら、劇的なブザービーターで敗れた”ファイスラマジャマ(ダンク軍団)”ヒューストン大学に、AP通信のハルボック記者が贈ったとされる名言が載っています。

Phi Slama Jama, who had lived by the dunk, died by the dunk.

   

あれからちょうど40年。

時代はすっかり変わった2022年のNCAAトーナメントで、、、

   

スリーに生きる者はスリーに死す

   

そんなチームは現れるでしょうか。

   

個人的には、死なずに、最後まで生き残ってしまうチームを見てみたいと思います。

   

日本代表バスケットボールとスリーポイント

スリーポイントを武器に優勝してしまうチーム。

それを望むのは、トムホーバス率いる日本代表バスケットボールに、その姿を重ねたいからです。

   

こちらで書いたとおり、小さかった東京五輪銀メダルの女子日本代表

あのチームのスリーポイントはどうだったでしょうか。

3pt平均試投数
ランキング
チーム平均3pt試投数3pt%3pt%ランキング
1日本31.738.41
2プエルトリコ2724.711
3オーストラリア26.833.65
4韓国25.724.712
5フランス23.734.54
6ベルギー21.332.96
7中国20.335.82
8アメリカ18.535.13
9セルビア16.531.37
10スペイン16.528.89
11ナイジェリア16.330.68
12カナダ16.328.610
FIBAサイトより

最も試投数が多かったにもかかわらず、最も成功率が高かったチーム。

それが東京オリンピック、女子日本代表でした。

あらためて、ものすごいものを見れたのだと思います。

      

一方、男子日本代表。

コーチ・ホーバス、着任早々のvs中国。2連戦。

チーム平均3pt試投数3pt%
日本33.522.4
中国20.546.3
完敗でした

が、何も心配することはありません。

むしろ、中国をはるかに上回る、女子代表並みのスリーポイントショットを放ったことを賞賛したい

   

あとは、決めるだけ。

シューティングは、練習、努力次第でどうにでもなります。

身長を伸ばすとか、720度ダンクをするとか、ではありません。

   

可能です。

   

それは先日、(NBAの中にあっては)やはりサイズで劣る、ステフィンカリーが証明したようなものです。

   

スリーポイント記録更新!!

   

ad




ad




-NCAA(大学), 日本代表/FIBA
-, , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.