NCAA(大学)

NCAAバスケットボールに見るコーチング、チーム作りの一例①

更新日:

いよいよ大詰めの2020-2021NCAAカレッジバスケットボール。

この、アマチュアバスケットボール世界最高レベルにあるカテゴリー(多くのプロリーグよりもレベルは高い)には、バスケットボールチームの進化・向上に関するヒントが数えきれないほど転がっています。

今回からいくつか、そのほんの一例を。

   

ネイトオーツ-アラバマ大学ヘッドコーチ

超名門ケンタッキーが没落した、NCAA5大カンファレンスの1つで強豪校が集まる、今季のSEC(サウスイースタンカンファレンス)バスケットボール。

レギュラーシーズンを制したのは、アラバマ大学でした。

プレシーズンでは5位予想だったにもかかわらずの、大躍進。

戦績は16勝2敗(シーズン通算は投稿時点で21勝6敗)。

   

率いたのは、アラバマのヘッドコーチに赴任してわずか2季目の、ネイトオーツ。*2015年に、ニューヨーク州のバッファロー大学でヘッドコーチデビュー。UBでの教え子に、Bリーグ新潟に在籍した、ニックパーキンズがいます。

   

ウィスコンシンの、マラナタバプティストという無名大学でプレイしたオーツは、そのまま母校およびウィスコンシンのディビジョン3校でアシスタント。その後、デトロイト近郊の高校でヘッドコーチとなり、バッファローのアシスタントという経歴です。決して、エリートではありません。

   

ミッドレンジを排除

数学教師という経歴の持ち主であるオーツが選んだ戦略。

それは、ミッドレンジジャンパーを排除して、徹底的にスリーポイントとリム周り(ゴール下)のシュート(ショット)に集中するものでした。

青い破線に注目

   

このツイートにあるとおり、オーツはアラバマ大学の練習におけるスクリメージ(5対5。真剣勝負)において、

・ミッドレンジおよびロングツーを1点

・リム周り(ゴール下)を2点

・NCAAにおけるスリーポイントを3点

・ハーフライン近くからのスリー(いわゆるカリー&リラードの距離)を4点

シュートを以上のようにカウントするようにしたと言います。

これが勝ちに直結しました。

注目のチーム!

   

結果、アラバマのスリーポイントアテンプト(試投)は812本で全米2位。*投稿時点→ランキング *成功数でも3位 **このランキング上位にきているチームは興味深い。

   

スリーポイントを雨あられのように降り落としてくるアラバマに、相手はついていけなくなりました。

   

一方で、よくあるラン&ガンスタイルとは異なり、”ディフェンスを両立”させたのがオーツ流。

練習は相当厳しかったと推測できますが、選手も納得の好成績がついてくることとなりました。

   

やはりスリーポイント優位?

やはり、現代バスケットボールではスリーポイント優位

一応、この論理が実証されたこととなります。

*上のリンク先、スリーポイントランキング上位校が、揃って好成績を残しています。

   

長いですが、ぜひこちらをお読みください。→CBSの記事 *名物アナリスト、マットノーランダーによるものです

→こちらはスポイラ

スタッツ・データ関連の会社を立ち上げた方がアラバマ大学バスケットボールスタッフにいるという強み。

   

ボール&オーツ   

数字とデータを徹底的に駆使したアラバマの、NCAAトーナメントを含むポストシーズンから目を離せません。

      

過去の投稿もあわせて是非→バスケットボールの未来?

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.