NCAA(大学) ユニ、スニーカー/GEAR

アイビーリーグのバスケットボール-NCAAカレッジ情報㊸

更新日:

2016年NCAAトーナメントはファイナルフォーが出そろいました!

ノースカロライナ大学

シラキュース大学

オクラホマ大学

ビラノバ大学

特に1,2回戦。荒れに荒れましたけど、最終的にはメジャーな学校が残りました。シラキュースは第10シードからの勝ち残りでしたが。

4校全て、ナイキ校です。

nc
cuse
ou
nova

   

今回はそんなバスケットボール強豪校以上に、日本では人気がありそうなアメリカ東部の私立校のリーグ、アイビーについて簡単に紹介したいと思います。

   

アイビーリーグ(Ivy League)

スポーツ奨学金を導入していないため、バスケットボールをはじめとしたスポーツは基本的に強くない。*よく例えられる、日本の東京六大学の、東大野球部のイメージ。アイビー8校はすべて私立ですが。

   


それでも今年のNCAAトーナメントでは、アイビー代表のエール(イェール)大学が格上の強豪ベイラー大学をやぶったり、デューク大学のコーチKの弟子にあたるトミー・アマカーが指揮をとるハーバード大学なども近年番狂わせを起こしています。

   


運動能力で劣りながらも、究極の文武両道選手が知力をフルに駆使してスポーツエリートに立ち向かう様は見ごたえがあります。

   

象徴的なのは1996年のNCAAトーナメント。ディフェンディングチャンピオンのUCLAを、プリンストンオフェンスで下したゲームでしょう。*UCLAは、いまや日本に帰化した桜木ジェイアール(JR・ヘンダーソン)や、同じく日本で活躍したチャールズ・オバノンらを擁した強豪でした。

これは必見

   

   

ではそのプリンストン大学から紹介を。

プリンストン大学(Princeton University)タイガース

タイプ私立
ロケーションニュージャージー州プリンストン
ニックネームタイガース(Tigers)
チームカラー・スクールカラーオレンジ、ブラック
バスケットボールアリーナジャドウィンジム(6,854人収容)
フットボールスタジアムプリンストンスタジアム(27,773人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月現在)

   

   

   

主な出身NBA選手


何といってもビル・ブラッドリー。殿堂入りしている選手で、1964,1965年のSweet16入りに貢献。民主党所属の政治家としても活躍。大統領候補になったことも。

ほか、NBA選手ではないが現在ジョージタウン大学ヘッドコーチをつとめるジョン・トンプソン3世もOB。知将。

   

概要、その他情報
NCAAトーナメント出場24回はアイビーリーグ最多の名門校。

ピート・キャリルが考案した「プリンストンオフェンス」は、日本も含めた世界のバスケットボール界に大きな影響を与えた。

日本での一般的な知名度はハーバードなどに劣るが、バスケットボール界での知名度は高い。

オレンジとブラック配色のアパレルは人気。

   

   

   

ハーバード大学(Harvard University)クリムゾン

こちらもどうぞ

   

タイプ私立
ロケーションマサチューセッツ州ケンブリッジ(ボストンエリア)
ニックネームクリムゾン(Crimson)
チームカラー・スクールカラー真紅
バスケットボールアリーナラビーテスパビリオン(2,195人収容)
フットボールスタジアムハーバードスタジアム(30,323人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手何といってもジェレミー・リン

   

概要、その他情報


元々世界一の学業レベルとされた有名校。

そこからジェレミー・リンというNBAスター(しかもアジア系)が生まれたから・・・しかしリンは4年間で一度もNCAAトーナメントに出れていない。

   

トミー・アマカーという、あのコーチKの弟子でDuke出身のヘッドコーチ(名ポイントガードでした)が着任して5年。2012年に、実に66年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たした。そこから4年連続出場。2013,2014年にトーナメントで1勝。

2015年もノースカロライナ大学相手に2点差の惜敗。アマカーは究極の文武両道選手を積極的にリクルート。運動能力に長けたプレイヤーが多いのはこれまでのアイビースクールでは異色。

   

トーナメント出場はわずか5回。うち4回が2012年以降だから、アマカーの手腕が際立つ。

   

グッズはニックネームどおりの深紅が揃う。日本でも人気。エール(イェール)とのライバル関係(特にフットボール)が有名。

   

   

   

エール(イェール大学(Yale University)ブルドッグス

タイプ私立
ロケーションコネティカット州ニューヘブン
ニックネームブルドッグス(Bulldogs)
チームカラー・スクールカラーブルー
バスケットボールアリーナペインウィットニージム(2,532人収容)
フットボールスタジアムイェールボウル(64,246人収容)
オフィシャルサプライヤーアンダーアーマー(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手:6-11のビッグマン、クリス・ダドリーの存在が際立つ。


フットボールの方が有名で、グラント・ヒルのお父さんカルビンがYaleからNFLに進んでいる。

ブッシュ大統領親子もOBとして有名。

   

   

概要、その他情報報
2016年、ハーバードらを差し置いてNCAAトーナメントに出場したのはエール(イェール)。しかしトータルではわずか4回の出場で、今年はなんと54年ぶりだった。。。

   

チームカラーはブルー。日本でもよくスウェットシャツやTシャツを見かけます。

   

   

   

ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)クェーカーズ

タイプ私立
ロケーションペンシルバニア州フィラデルフィア
ニックネームクェーカーズ(Quakers)
チームカラー・スクールカラーブルー、レッド
バスケットボールアリーナザ・パレストラ(8,722人収容)
フットボールスタジアムフランクリンフィールド(52,593人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手:ロケッツでチャールズ・バークリーに”いじられた”マット・マロニーが有名。そしてマロニーとバックコートコンビを組んだ、前Pennヘッドコーチのジェローム・アレン。

   

概要、その他情報
最近までプリンストンと2強を形成していたのがペン。

NCAAトーナメント出場23回はプリンストンに次ぐ。

ホーム、ザ・パレストラは”カレッジバスケットボールの聖堂”と呼ばれるほど荘厳なジム。

   

   

   

   

   

コロンビア大学(Columbia University)ライオンズ

タイプ私立
ロケーションニューヨーク州ニューヨーク
ニックネームライオンズ(Lions)
チームカラー・スクールカラーライトブルー
バスケットボールアリーナレビエンジム(3,408人収容)
フットボールスタジアムウィエンスタジアム(17,000人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

   

主な出身NBA選手:一般的に有名な出身NBA選手はゼロ。が、日本代表選手松井”KJ”啓十郎の母校として有名。

   

概要、その他情報
NCAAトーナメント出場はわずか3回。しかも最後が1968年と、長らく遠ざかっている。

KJ松井の時代はプリンストンとペンの2強だった。ニューヨークにあるためか、日本での知名度はそこそこ?

   

ノースカロライナと同じ、ライトブルーがチームカラー。

   

   

   

ダートマス大学(Dartmouth College)ビッググリーン

タイプ私立
ロケーションニューハンプシャー州ハノーバー
ニックネームビッググリーン(BigGreen)
チームカラー・スクールカラーグリーン
バスケットボールアリーナリーデアリーナ(2,100人収容)
フットボールスタジアムメモリアルフィールド(15,600人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手:著名な選手はゼロ。

概要、その他情報


グリーン配色が有名で、ファッション誌にはたびたび登場する名門校。

7回NCAAトーナメントに出場しているものの、最後は1959年。。。

コロンビアと対照的に、山奥にある学校。

グリーンがスクールカラーでグッズは人気。

   

   

   

コーネル大学(Cornell University)ビッグレッド

タイプ私立
ロケーションニューヨーク州イサカ
ニックネームビッグレッド(BigRed)
チームカラー・スクールカラーレッド
バスケットボールアリーナニューマンアリーナ(4,472人収容)
フットボールスタジアムスコールコップフィールド(25,597人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手:著名選手ゼロ。

   

概要、その他情報
NCAAトーナメント出場はわずか5回だが、2008,2009,2010年と連続出場を果たし、2010年には2勝して16強入り。旋風を巻き起こした。

   

ジョン・ウォール、デマーカス・カズンズらのケンタッキー相手にも健闘。

   

ニックネーム通り、グッズは赤で統一。

   

   

   

ブラウン大学(Brown University)ベアーズ

タイプ私立
ロケーションロードアイランド州プロビデンス
ニックネームベアーズ(Bears)
チームカラー・スクールカラーブラウン、レッド
バスケットボールアリーナピジトーラスポーツセンター(2,800人収容)
フットボールスタジアムブラウンスタジアム(20,000人収容)
オフィシャルサプライヤーナイキ(2021年2月時点)

   

   

   

主な出身NBA選手:著名選手ゼロ。

   

概要、その他情報


第1回NCAAトーナメント1939年と1986年に出場と少ない。アイビーの中でも苦戦中。知名度もいまいちか。。。

ad




ad




-NCAA(大学), ユニ、スニーカー/GEAR
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.