NCAA(大学)

NCAAカレッジバスケットボール2021-2022~W12

更新日:

※引き続き、コロナの影響でゲームの変更・キャンセルがあります。ご注意下さい。

男子スケジュール(ESPN)

女子スケジュール(ESPN)

   

NCAAカレッジバスケットボール2021-2022<Week12ランキング>

男子ランキング

ランク前週
ランク
チーム戦績
12オーバーン18勝1敗
21ゴンザガ15勝2敗
33アリゾナ16勝1敗
45ベイラー17勝2敗
57カンザス16勝2敗
64パデュー16勝3敗
710ヒューストン17勝2敗
10UCLA13勝2敗
96デューク15勝3敗
1014ミシガンステイト15勝3敗
118ウィスコンシン15勝3敗
1212ケンタッキー15勝4敗
1318テキサステック15勝4敗
1411ビラノバ14勝5敗
1516USC16勝2敗
1619オハイオステイト12勝4敗
1721プロビデンス16勝2敗
1824テネシー13勝5敗
1913LSU15勝4敗
2025コネティカット13勝4敗
2120ゼイビア14勝4敗
22ランク外マーケット14勝6敗
2315アイオワステイト14勝5敗
2417イリノイ13勝5敗
25ランク外デビッドソン16勝2敗
ESPNサイト

   

オーバーンがついに1位獲得

大学史上初

ホームでのケンタッキー戦勝利が大きく、同じく負けなかったゴンザガ以上の評価を受けた形です。

   

一方で、、、ケンタッキーも強かった。

先週書いた、この発言はハッタリではありませんでした。

前半にリーダー、タイタイワシントンが負傷退場。もしもこれがなければ・・・と思わせる強さ。

   

今季、SECレギュラーシーズンでの再戦はなし。

カンファレンストーナメント決勝での顔合わせは実現するでしょうか。

両校ともにハードなスケジュールが待ち構えており、、、オーバーンがいつまで1位をキープできるかは見ものです。

   

こうなると、いつものモード。

ゴンザガは今季もWCCカンファレンスで負け知らず。

このまま無敗が濃厚ですから、1位返り咲きの可能性大。

しかし、高いレベルでのゲームが望めないジレンマとの闘いです。

   

ハイメジャー校はここから。

強烈なせめぎ合いが始まる時期。

ランキングの入れ替わりは当たり前のように起こってくるでしょう。

   

注目は、今季初のランク入りを果たしたデビッドソン(25位)。

韓国人エース、ヒョンジュンリー(イヒョンジュン、Hyunjung Lee)の評価は上昇中で、2022年NBAドラフトへのアーリーエントリーさえ現実的になってきました。

強靭さに欠けますが、凄まじいシューティングは健在で、スリーポイント成功率40%超え。→スタッツ

デビッドソンは相変わらず高いIQのゲームを展開しており、4年ぶり15度目のNCAAトーナメント出場を目指します。

A10(アトランティック10)も難しいリーグですが、いまだ負けなしです。

   

女子ランキング

ランク前週
ランク
チーム戦績
11サウスカロライナ17勝1敗
22スタンフォード14勝3敗
34ノースカロライナステイト18勝2敗
45テネシー18勝1敗
53ルイビル16勝2敗
66インディアナ14勝2敗
78ミシガン16勝2敗
810アリゾナ14勝2敗
915テキサス14勝3敗
109コネティカット11勝4敗
1115ベイラー13勝4敗
1211LSU17勝3敗
137アイオワステイト16勝3敗
1418ジョージアテック15勝4敗
1513ジョージア15勝4敗
1617ブリガムヤング15勝1敗
1712メリーランド13勝6敗
1814オクラホマ16勝3敗
19ランク外オレゴン11勝5敗
2019ノートルダム14勝4敗
2121デューク13勝4敗
22ランク外オハイオステイト15勝3敗
2325アイオワ12勝4敗
24ランク外ミシシッピ17勝2敗
25ランク外カンザスステイト15勝4敗
ESPNサイト

   

女子もパワーカンファレンスでは激戦が続き、変動が起こってきています。

その1つが、よりによってルイビル。

重要なアウィゲーム、@ノースカロライナステイトでまさかの大逆転負け

NCステイトには昨年もスウィープされており、NCAAトーナメントでの1位シードを譲ってしまう形となりました。

※2位シードにまわったルイビルは、優勝したスタンフォードと準々決勝で対戦する羽目に。。。

   

リベンジの機会があるとすれば、ACCトーナメント。

女子ACCも強力なカンファレンス。ポストシーズンまでは目の前の1勝が貴重です。

   

NBA候補のNCAA注目選手は?日本人、日本縁の選手の活躍は?

マックスクリスティ(6-6、ミシガンステイト大学1年生)

ネブラスカ戦でキャリハイ。。。

   

クリスティもまたビッグテンのSG。

細いですが、指折りのシューターです。加えて、6-6のサイズが高評価。

運動能力ではネブラスカのブライスマクゴウエンスが勝るのですが。。。

   

富永選手のネブラスカ

ホームでのインディアナ戦は、ビッグテン初勝利の期待がかかりましたが敗退。

インサイドの要・デリックウォーカーがまたも早々にファウルトラブル。

ウォーカーへの負担は大きく、代わる選手がいないために、チームの全てが狂ってしまう現状です。

   

そんな中で、富永選手の奮闘ぶりも相変わらず。

インディアナ戦は初のスリーポイント試投ゼロ、2得点に終わりましたが、「彼にスリーを打たせるな」という意識がビッグテン強豪校に根づいている事実。

これをくぐり抜けることができれば・・・さらに大きな未来が待っています。

   

とにかく、ビッグテン1勝がほしい

※今季以上にコロナに振りまわされた昨季も、初勝利は2月中旬(@ペンステイト)と低迷しました。

   

   

日本人女子選手@NCAAディビジョン1

ルイビルの今野紀花選手は先週出場なしでしたが、鈴木妃乃選手(ノースアラバマ大学)志田萌選手(ニューメキシコステイト大学)らが活躍。

鈴木選手のブザー!

   

なかなかフルゲームを見ることができませんが、、、誇らしいです。

   

面白い。

   

   

NCAAバスケットボールWeek12の注目

キャンセル情報などにご注意下さい。

   

男子

日本時間カード中継
1月25日㈫11:00テキサステック@カンザスESPN
1月26日㈬9:00ミシガンステイト@イリノイESPN
〃 〃シエナ@アイオナESPN
〃 13:00アリゾナ@UCLAESPN
1月28日㈮7:00ウィスコンシン@ネブラスカビッグテンネットワーク
1月30日㈰深夜3:00ストーニーブルック@ニューハンプシャーESPN
〃 6:00ベイラー@アラバマESPN
〃 8:00ケンタッキー@カンザスESPN
〃 8:30ラトガース@ネブラスカビッグテンネットワーク
1月31日㈪深夜3:00セントピーターズ@アイオナESPN
30日に好カード

   

ネブラスカはホーム2つですが、ウィスコンシンはもちろん、ラトガースも強敵

   

女子

日本時間カード中継
1月28日㈮10:00フロリダステイト@ルイビル ACCネットワーク/ESPNプレイヤーでの視聴可否確認中 *おそらく可能
1月31日㈪5:00デューク@ルイビルESPN *全米中継
〃 6:00アリゾナ@スタンフォードESPN
時間が足りない。。。

   

ルイビル女子もハード。

フロリダステイト、デュークともに厄介。特にデューク戦は再びの全米中継。

   

   

ESPNの日本での視聴方法

   

*アーカイブ(録画リプレイ)はゲーム日から1か月間視聴可能

   

ご不明点などございましたら、ツイッターか下記へどうそ↓

    ad




    ad




    -NCAA(大学)
    -, , , , ,

    Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.