NCAA(大学)

山ノ内勇登ウィリアムズ選手がラマー大学にコミット!!

投稿日:

18人目(暫定)の、NCAAディビジョン1バスケットボール選手

山之内勇登ウィリアムズ選手が、テキサス州のラマー大学へコミット!

   

今回は、山之内勇登選手とラマー大学バスケットボールについて。

※ギリギリのコミットだったためか、まだ公式サイトに名前なし。

   

ラマー大学(テキサス州)のバスケットボール-NCAAカレッジ情報56

またスクールカラーが赤。

   

ラマー大学(Lamar University)概要

タイプ公立
ロケーションテキサス州ビューモント
テキサスの東端で、ルイジアナ州境に近い

   

ニックネームカーディナルズ(Cardinals)
チームカラー・スクールカラー赤、白
カンファレンスサウスランドカンファレンス(Southland)
バスケットボールアリーナモンテインセンター(10,800人収容)
フットボールスタジアムプロヴォストアンフリースタジアム(16,000人収容)
オフィシャルサプライヤーアンダーアーマー*2022年8月時点
UA、増えてます

   

ラマー大学のバスケットボール

> 公式サイト

  

NCAAトーナメント(ディビジョン1)出場は6回。

ハイライトは1980年。

同校出身のビリータブスがコーチとして率いたチームが、10位シードからスウィートシックスティーン進出!

タブスはこれをきっかけに、強豪オクラホマ大学へ栄転。1988年にステイシーキングやムーキーブレイロック、ハービーグラントらを擁してNCAA準優勝。契約していたコンバースを通じ、日本でもクリニックを行った実績のある名将で、TCU(テキサスクリスチャン)を指揮したのち、再度ラマーにて、ヘッドコーチキャリアを終えました。※2020年に、85歳で他界

   

現コーチ、アルビンブルックスは2021年に就任したばかりですが、コーチとしてはベテラン。

生粋のテキサス人で、やはりラマー大学のOB(ガード)。

テキサスのディビジョン1校で長らくキャリアを積んでおり、1993年からはヒューストン大学でHC経験あり。

2021年にはアシスタントコーチとしてUHをファイナルフォーに導き、母校に戻り、2度目のヘッドコーチ着任です。

息子さん、アルビンブルックス3世もベイラー大学のアシスタントコーチとして高名で、2021年ファイナルフォーでは親子対決の末、BUで初優勝を経験しています。

こちら(バスケットボール選手としての価値を高めるために必要な5つのこと)、内容が素晴らしいので、過去の投稿をぜひ読んでほしいです。

   

ラマー大学出身のNBA選手

HCアルビンブルックスもドラフト指名こそされていますが、少ない。

が、、、マイクジェームズにつきます!

同校出身で、最高の成功者でしょう。

   

ラマー大学バスケットボールと山之内勇登ウィリアムズ選手

こちらの地元紙記事のとおり、6-9というサイズの割にはスリーポイントシューティングの良い現代的な選手である山之内選手も、早々に頭角を現すことを期待できます。

> ラマー大学デプスチャート

   

所属の、サウスランドカファレンスもNCAAトーナメントには1校のみ出場(one bid)のリーグですが、山之内選手在学中の出場に期待です。

   

つい先日、2022-2023シーズンのスケジュールも出ました。> こちら

ノンカンファレンスでは、前評判の高いTCU戦、そしてサウスランドカンファレンスゲームでは、近所のノースウェウタンステイト(ルイジアナ州)。日本でも名が知れた隻腕のプレイヤー、ハンセルエマニュエル(山之内選手と同じフレッシュマン)が所属します。

   

※コミットがぎりぎりになったことと、ラマー以外にオファーがなかったのかが少し引っかかりますが、将来の日本代表候補と言えるでしょう。(2021のU19ワールドカップ日本代表

   

それにしても、Bリーグにおける日本人ビッグは大変。。。

   

   

ラマー大学は何位?プレシーズンNCAAバスケットボールランキング

最後に、2022-2023シーズン、NCAAバスケットボールのプレランキングを。

ケンポンやCBSなども間もなくリリースですが、真っ先にフルランキングを出したのはこちら

※ケンポンほど有名ではないですが、このbarttorvikも知る人ぞ知るサイトです。

   

以下、2022-2023シーズンのNCAAディビジョン1における、日本人選手所属校を抜粋。

ランク大学所属の日本人選手
92ネブラスカ富永啓生
239セントフランシス
(ペンシルバニア州)
マックニールキシャーン大河
260ストーニーブルックケインロバーツ
279ラドフォード山﨑一渉
292ノーザンイリノイ須藤タイレル拓
338ラマー山ノ内勇登ウィリアムズ
1位はまたもゴンザガ!

   

ランキングは楽しいので、他メディア分も含め、じっくり眺めたうえで再度投稿しますが、、、

   

特に、3月のマーチマッドネス、NCAAトーナメントにおいては”あまり意味がない”のが周知の事実。

今年、エリートエイトを果たしたセントピーターズ。

昨季のプレシーズンランキングで200位にも入りませんでした。> 過去の投稿

   

上、富永啓生選手のネブラスカを除いては、皆ワンビッド(1校のみ出場)カンファレンス所属ですが、NCAAトーナメントに出れさえすれば「こっちのもの」です(笑)

期待しましょう!!!

   

<後記>

富永啓生選手のネブラスカ。

多くのプレランキングでビッグテン最下位評価ですが、、、とても面白い位置だと思います。

また後日、投稿していきます。

ad




ad




-NCAA(大学)
-, ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.