NCAA(大学)

NCAA男女カレッジバスケットボールランキング!~2022-2023+

更新日:

恒例の、NCAAバスケットボールランキング。

2022-2023、プレシーズンのランキングが続々リリースされてきました。

   

今回は、最注目のAP(アソシエーテッドプレス)のトップ25ランキングはもちろん、もはやおなじみとなったケンポン、そして日本人選手が所属する、NCAA以外のカテゴリーランキングについても触れます。

   

毎年この時期、NCAAバスケットボールランキングについて書いてきましたが、ランキングはそれ以上でも以下でもないもの。

NCAAディビジョン1(男子)については、計363校全ての学校同士が対戦するわけにはいきませんから、プロのような、勝敗結果による”順位”をつけられない。そこで、APをはじめとした多くのメディアがランキングを毎週更新し、これを基にしてNCAAトーナメント出場校を選出し、シード#を決定する。

この仕組みにより、ランキングに影響する全てのゲームがエキサイティングかつスリリングになるのがNCAAカレッジバスケットボールの特徴です。

ランキングが下がってしまうと、ポストシーズンでの戦い方が不利になる。

   

一方で、不利な状況を覆して勝ち進むチームが必ず出てくる。

   

面白くないわけがない、NCAAカレッジバスケットボールが今年も開幕です。

   

NCAAディビジョン1男子バスケットボールランキング2022-2023プレシーズン

ランクAPケンポンCBS
1ノースカロライナケンタッキーゴンザガ
2ゴンザガテキサスノースカロライナ
3ヒューストンゴンザガヒューストン
4ケンタッキーテネシーケンタッキー
5カンザスバージニアデューク
6ベイラーベイラーアーカンソー
7デュークヒューストンベイラー
8UCLAカンザスカンザス
9クレイトンノースカロライナテネシー
10アーカンソーアリゾナUCLA
11テネシーUCLAクレイトン
12テキサスインディアナテキサス
13インディアナオーバーンインディアナ
14TCU
(テキサスクリチャン)
アーカンソーオーバーン
15オーバーンデュークTCU
16ビラノバTCUバージニア
17アリゾナテキサステックアリゾナ
18バージニアアラバマビラノバ
19サンディエゴステイトサンディエゴステイトテキサスA&M
20アラバマビラノバミシガン
21オレゴンバージニアテックサンディエゴステイト
22ミシガンクレイトンオレゴン
23イリノイアイオワアラバマ
24デイトンデイトンパデュー
25テキサステックパデューデイトン
それぞれ、特徴的なのがとても面白い

※ケンポンは対戦相手の強度までが反映されるため、ハイメジャーリーグに属さないゴンザガやヒューストンが上位になりにくい。そんな中で、それぞれ3位、7位に位置しているのは・・・

   

ハイメジャー有利なのは変わりませんが、”シンデレラ”が必ず出現するのも間違いありません。

   

NCAAディビジョン1女子バスケットボールランキング2022-2023プレシーズン

ランクAP
1サウスカロライナ
2スタンフォード
3テキサス
4アイオワ
5テネシー
6コネティカット
7ルイビル
8アイオワステイト
9ノートルダム
10ノースカロライナステイト
11インディアナ
12ノースカロライナ
13バージニアテック
14オハイオステイト
15オクラホマ
16LSU
17メリーランド
18ベイラー
19アリゾナ
20オレゴン
21クレイトン
22ネブラスカ
23サウスダコタステイト
24プリンストン
25ミシガン
USC!

   

サウスカロライナとスタンフォード。

2強が抜けているのが大方の見方です。

   

24位にプリンストン!

しかし、、、ロスターにマヤマッカーサーの名前はありません。

   

日本人選手所属校は?+NCAAディビジョン2、NJCAA、そしてNAIAバスケットボールランキング

NCAAディビジョン1男子日本人選手所属校ランキング

大学選手T-RankケンポンEvanMiya
ネブラスカ富永啓生92108100
ストーニーブルックケインロバーツ284285237
ノーザンイリノイ須藤タイレル拓280284323
ラドフォード山﨑一渉300294275
セントフランシス
(ペンシルバニア州)
マックニールキシャーン大河254318298
ラマー山ノ内勇登ウィリアムズ359358355
頻繁に更新アリ

   

なお、アジアに目を向けると、レバノンのヨセフキャイアットが進学したミシガン、そして”モンゴリアンマイク”こと、1年生ウィング、マイクシャラビアッツデイトンがトップ25入り!

フィリピン国籍のAJエデューのトレドが86位。

インドネシア期待の、これも1年生、”DMX”こと、デリックマイケルゼイビエッロのグランドキャニオン(GCU)がケンポン96位で、所属のWACカンファレンス優勝候補。

250位にモンマス。インド人初のNCAAディビジョン1選手、7フッターのアマーンサンドフが所属。

日本代表とも戦った、台湾代表デビュー済みのフォワード、ルイスタンのバージニアミリタリーインスティテュート(VMI)はケンポンで286位。

   

そして、"NJJ"ことネリージュニアジョセフ。3年生となる彼のアイオナは、ケンポンで116位スタート。

昨季エリートエイトまで進んだ、”ミラクル”セントピーターズをMAACゲームでスウィープしながら、カンファレンストーナメントで涙をのんだ、リベンジのシーズンです。

   

NCAAディビジョン1女子日本人選手所属校ランキング

NCAAトーナメント常連校の強豪で、4年生・今野紀花選手が所属するルイビルが7位!

昨季はプレシーズン6位から、見事に通算4回目のファイナルフォー出場を果たしました。

もちろん2023年も連続出場、そして”その先”を狙います。

12年連続25回目という、NCAAトーナメント出場は、開幕前からほぼ間違いないと言えます。

   

NCAA女子バスケットボールのランキングを出すメディアはまだ多くないのが現状ですが、フルランキングはこちら(AMSTS)を参照下さい。*ふざけた(?)サイト名ですが、数字で出しています。

大学選手AMSTS
ルイビル今野紀花5
ロヨラメリーマウント(LMU)太原絵葉231
ニューメキシコステイト志田萌263
ノースアラバマ鈴木妃乃279
アップデートは5月で、ルイビルは5位。

   

ハイメジャー、ルイビルは特別なプログラムであることがわかります。

   

   

NCAAディビジョン2、NJCAAディビジョン2、そしてNAIA

> NCAAディビジョン2ランキング

四家魁人選手のフェアモントステイトが19位!

※ウェストバージニア州のフェアモントステイトは、NBAボストンセルティックスのHCに電撃着任した、ジョーマズーラが2017-2019にヘッドコーチを務めていました(マズーラは同州一のプログラム、ウェストバージニア大学出身)。

   

> NJCAAディビジョン2ランキング

菅野ブルース選手のエルズワースコミュニティカレッジ(ECC)が17位!

期待。

菅野選手を含め、来年以降にD1でプレイするのが確実な、優勝を狙えるほどの選手が揃っています。

   

> NAIAのプログラムランキング *”強さ”だけを示すものではありません。

田中力選手のベセル(インディアナ州)が5位。

価値があります。

※ > NAIA2022-2023プレシーズンランキング 

ベセルはランク外ですが、Top25チームと今季レギュラーシーズンで数回激突。

   

> NJCAA女子ディビジョン1ランキング

いくつか、おなじみの名前が並びますが、、、17位にアリゾナウェスタン!

岡田大河選手のお姉さん、岡田来夢選手が所属します。

   

今回は、最後に”グル”ウィリアムペインさんのツイートを。

D1 = life changing opportunity

D2 = life changing opportunity

D3 = life changing opportunity

JUCO = life changing opportunity

NAIA = life changing opportunity

USCAA = life changing opportunity

NCCAA = life changing opportunity

Take advantage of YOUR life changing opportunity

ウィリアムペイン

   

日本人対決はとりあえず実現がなさそうですが、現地時間12月10日、山﨑選手のラドフォードが、近くのVMIでゲーム。

後日、注目ゲームをピックアップします。

   

<追記>

先日、ラドフォード大学アシスタントコーチの方が、メッセージと、写真を1枚送って下さいました。

山﨑一渉選手!!

   

”後で必要になりそうだから”、練習中に1枚撮った。シェアしておくよ。」

「日に日に良くなる。」

   

やってくれそうです!

楽しみで仕方ありません!

※写真は許可をいただきましたので掲載します。

ad




ad




-NCAA(大学)
-,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.