NBA NCAA(大学)

ジョン・コリンズ-2017NBAドラフト指名候補選手

更新日:

ジョン・コリンズ

6-10(208cm) 107kg フォワード ウェイクフォレスト大学2年生
比較対象:マーキス・クリス、ダーレル・アーサー、クリス・ウィルコックス・ダミエン・ジョーンズ
現時点でのスタッツ:19.1ppg、9.8rpg、1.6blockpergame、FG%621、FT%723

   

NCAAバスケットボールファン待望の2年生(笑)。

マイアミの北方、フロリダ州ウェストパームビーチの高校出身。

高校時代の評価は星4つで、近年低迷しているノースカロライナ州の名門ウェイクフォレスト1年生時のスタッツも7.3ppg、3.9rpgと華々しいものではなかったものの、今季いきなりの開花。

チームは変わらず不調であるものの、コリンズ自身は得点、リバウンド、ブロックおよびFG%でチームハイと牽引。

一気にNBAドラフト指名候補にまで上り詰めた。

   

特徴・プレイスタイル

スリーポイントは無い、典型的な4番(パワーフォワード)の選手。

1年生時も含め、カレッジキャリアにおいて放ったスリーポイントはわずか1本。

ドリブルスキルもなく、彼がボールをつくとターンオーバーに即つながるとまで言われる。

が、恵まれたサイズに加えて跳躍力が圧巻。強烈なダンクはもちろん、リバウンドについてはオフェンスR、ディフェンスRとも高い評価。

フリースローが堅実なのはサイズのわりに高評価を受けるべき点。

まだ未熟な面も多く、もう一年カレッジに残るかも、との声あり。


今季ここまで28試合の出場で、二ケタ得点にとどかなかったのが2ゲームのみ。半分の14ゲームでダブルダブル(得点とリバウンド)達成。アウェイ、デューク戦では圧巻の31点、15リバウンド。


”最も過小評価されている選手”というビデオ↓


   

NBAドラフト指名順位予想

レベルの高い2017年ドラフトにあっては、一巡目真ん中から20位前後の声多数です。良ければ10位、15位までには指名されるのではないでしょうか。

ad




ad




-NBA, NCAA(大学)
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.