NCAA、高校/プレップ

NCAAトーナメント2017出場校予想③-ロウメジャーカンファレンス

更新日:

NCAAトーナメント2017出場校予想①-ハイメジャーカンファレンス
NCAAトーナメント2017出場校予想②-ミッドメジャーカンファレンス

ロウメジャーカンファレンス

”lowロウ”なのに”メジャー”。単に”マイナー”と呼ばないのは、ディビジョン1校は351校がすべて”メジャー”であるという認識からです。”ロウ”とはいえ、そこはディビジョン1。基本的に各カンファレンスから1校のみのNCAAトーナメント出場ですが、たびたびアップセットをやってのける、注目の学校が揃っています。また、大勢はないですが、こういった学校の中心選手、Go-to guyがNBAで大活躍するケースもあります。
カンファレンストーナメントはハイメジャーの日程を後に持ってくるようにしており(盛り上がります!)、これらロウメジャーカンファレンスは早々に開始されます(始まってます!)。そしてニュートラルな会場では観客が集まりづらいことや、レギュラーシーズンの価値を維持する目的もあって、カンファレンストーナメントも上位シードのホームゲームで行われる場合も多くなっています。

ATLANTIC SUN(アトランティックサンカンファレンス)

文字通り大西洋岸の学校が集まるカンファレンス。

カンファレンストーナメントは各ゲームレギュラーシーズン上位校のホームゲームで行われます。すでに1回戦(準々決勝)が終了。ほぼ順当にレギュラーシーズン上位校が勝利。2007年からディビジョン1に上がったばかり。2013年に初出場でスウィート16まで駆け上がったFGCUが、レギュラーシーズン王者として、3度目のNCAAトーナメント出場を目指します。

AMERICA EAST(アメリカイーストカンファレンス)

これも文字通り、東部の、それもニューイングランドエリアの学校を中心に構成されるカンファレンス。

隠れた名門校、バーモントが今季全勝優勝。カンファレンストーナメントを制しての、6度目のNCAAトーナメント出場を目指します。バーモントはジョージワシントンの前コーチ、マイク・ロネガンが指揮をとっていた学校で、現ジョージワシントン暫定ヘッドコーチのモーリス・ジョセフ、旧bjリーグで活躍したクリス・ホルムらもOB。Mo-Joこと、ジョセフはハイメジャー、ミシガンステイトからの転校でした。ニューヨークにあるストーニーブルックは、Bリーグ栃木トミー・ブレントンの母校。カンファレンストーナメントは各ゲーム、レギュラーシーズン上位校のキャンパスで行われます。

BIG SKY(ビッグスカイカンファレンス)

”らしい”ネーミングです。大西部の学校が集まります。最近ではゴンザガの近くにキャンパスがあるイースタンワシントンからロドニー・スタッキーが、ソルトレイクシティに近いウェバーステイトからダミアン・リラードがNBAへ羽ばたきました。

カンファレンストーナメントの会場はネバダ州リノ。レギュラーシーズン優勝はまだ確定しておらず、NCAAトーナメント出場枠1をめぐって激戦が予想されます。

BIG SOUTH(ビッグサウスカンファレンス)

もちろん、南部校で構成。

レギュラーシーズン優勝はウィンスロップ、ノースカロライナ大学アッシュビル校、そしてリバティの3つどもえの争い。やや変則的なフォーマットのカンファレンストーナメントは、下位ラウンドをレギュラーシーズン上位校で実施。準々決勝、準決勝の6試合はレギュラーシーズン優勝校キャンパスで開催。そして決勝はレギュラーシーズン上位校で行われます→変則的!ですが、レギュラーシーズンの価値の維持と、敗者復活、下剋上の要素を兼ね備えている方法と言えるかもしれません。

BIG WEST(ビッグウェストカンファレンス)

もちろん西部の学校で構成。カリフォルニア州の各校と名門ハワイ大学がメンバー。ハワイはBリーグ富山を指揮するボブ・ナッシュとその息子ボビーの母校。LAやバークレーなどと同じUC(カリフォルニア大学)とCSU(カリフォルニアステイト大学)各校も多い。レギュラーシーズン首位に立つUCデイビスは最近ディビジョン1に上がった学校。田臥選手のNCAA時代、対戦した相手。CSUノースリッジは高橋マイケル選手の母校。その他ロングビーチとフラートン(ともにCSU)やUCサンタバーバラなども、少ないですがNBA選手を輩出。

レギュラーシーズンは終わっていません。カンファレンストーナメントはアナハイムのホンダセンターで開催です。

IVY LEAGUE(アイビーリーグ)

日本における一般的な知名度はどのハイメジャーにも負けないでしょう。東部の私立名門校8つで構成され、多くのアメリカ大統領などを輩出しています。オバマ前大統領が出たハーバードは、デューク出身のトミー・アマカーがヘッドコーチにつくや大躍進。最近のトーナメント常連校。ジェレミー・リンを出したことは周知のとおり。その前の大統領ブッシュを出したイェールは、Bリーグ仙台にやってきたグレッグ・マンガーノらの母校。ニューヨークのコロンビア大学は松井啓十郎を輩出。世界的に有名なプリンストンオフェンスの元祖であるニュージャージー州のプリンストン大学からはNBAでも活躍し、上院議員にもなったビル・ブラッドリー。現大統領ドナルド・トランプはフィラデルフィアのペンシルバニア大学(Penn)で学びました。

レギュラーシーズンはプリンストンが全勝中。2敗でハーバードが追い、現地3月4日に直接対決でタイトルシェアの可能性を残しますが、プリンストンの優勝は決まりです。アイビーはレギュラーシーズン重視。カンファレンストーナメントは行ってこず、昨年までは唯一レギュラーシーズン優勝校がNCAAトーナメントへ自動的に出場していましたが、今季からついにポストシーズントーナメントを導入。ただし上位4校のみによる実施で、会場はPennのホームでカレッジバスケットボールの聖地ザ・パレストラ。プリンストン、ハーバードにイェールの進出は間違いなさそうですが、4つ目の椅子をPennとコロンビアが争っています。ペンが出ればプレイオフはある程度有利ですが。。。

METRO ATLANTIC ATHLETIC(MAAC、メトロアトランティックアスレティックカンファレンス)

文字通り、ニューヨーク周辺の学校で構成。近年目立つのは何と言ってもモンマスでしょう。Bリーグ東京Zのディオン・ジョーンズの母校モンマスはベンチパフォーマンスでも有名。その他シエナは栃木のライアン・ロシター、マリストはNBAに進んだオランダの巨人リック・スミッツを輩出。

レギュラーシーズンは昨季に続いてモンマスが制覇。5度目のNCAAトーナメント出場を狙います。ヘッドコーチでノースカロライナ大学出身のキング・ライスはそろそろよりハイレベルでサラリーの高い学校への栄転が見込まれます。カンファレンストーナメントはニューヨーク州都オルバニー。シエナがホームとしても使用するタイムズユニオンセンターで開催です。



MID EASTERN ATHKETIC(MEAC、ミッドイースタンアスレティックカンファレンス)

通称ミーア。ワシントンDCエリア以南の南部ブラックカレッジで構成。

デュークと同じダラムにキャンパスがあるノースカロライナセントラルがレギュラーシーズン王者。2014年以来、2度目のNCAAトーナメント出場を目指します。カンファレンストーナメントはバージニア州ノーフォークにある名物アリーナ”The Scope”で開催。

NORTHEAST(NEC、ノースイーストカンファレンス)

これも文字通り、アメリカ北東部の学校で構成。

マウントセントメリーズの単独優勝なるかどうかはレギュラーシーズン最終戦に持ち込まれました。カンファレンストーナメントはニュートラル会場を用意しません。各ゲーム、上位校のキャンパスで。

OHIO VALLEY(OVC、オハイオバレーカンファレンス)

通称OVC。フロリダ州のジャクソンビルステイトも加わります。

レギュラーシーズンはベルモントが制圧。地元ナッシュビルで行われるカンファレンストーナメント優勝&8度目のNCAAトーナメント出場を目指します。

PATRIOT LEAGUE(ペイトリオットリーグ)

アーミー(陸軍士官学校)とネイビー(海軍士官学校)がメンバー。東部名門校で組織されるカンファレンス。バックネルはテーブス海選手に正式にオファーを出しています。リーハイからCJ・マカラム、コルゲートからアドナル・フォイ、そしてネイビーからデビッド・ロビンソンとNBA選手を輩出。

ペンシルバニア州のバックネル、レギュラーシーズン優勝決定。テーブス選手にとって魅力的な学校であることは間違いありません。レギュラーシーズン上位校キャンパスで行われるカンファレンストーナメントを制し、7度目のNCAAトーナメント出場を目指します。

SOUTHERN(SoCon、サザンカンファレンス)

もちろん南部校で構成。ここもシタデル、VMIといったミリタリースクールがメンバー。

レギュラーシズンは三つ巴の優勝争い。全くわかりません。カンファレンストーナメントはノースカロライナ州アッシュビルのUSセルラーセンターで。激戦必至。

SOUTHLAND(サウスランドカンファレンス)

テキサスを含めた深南部校で構成。

こちらもレギュラーシーズンがまだ終了していません。ヒューストン西郊外のケイティで行われるカンファレンストーナメントチャンピオンがNCAAトーナメント出場です。

SOUTHWESTERN ATHLETIC(SWAC、サウスウェスタンアスレティックカンファレンス)

こちらも深南部。ミーアと同じく、構成校はブラックカレッジです。

SWACもレギュラーシーズンが終わっていません。そしてカンファレンストーナメントに出られるのは上位8校のみ。1回戦(準々決勝)はレギュラーシーズン上位校キャンパスで行われ、準決勝、決勝をNBAヒューストンロケッツのホーム、トヨタセンターで開催する変則フォーマット。

SUMMIT LEAGUE(サミットリーグ)

主に中西部校で構成。

レギュラーシーズンはサウスダコタの単独優勝が最終戦次第となっています。カンファレンストーナメントはサウスダコタ州スーフォールズで。レギュラーシーズン最下位はこれに出ることができません。Bリーグ西宮のラリー・オーエンスの母校オーラルロバーツは早くもシーズンが終了しました。

上記15のカンファレンスは、すべてNCAAトーナメント出場枠がたった一つ。キャンパス開催など、カンファレンストーナメントはレギュラーシーズン上位校がある程度優遇されますが、一発勝負のため何が起こるかわかりません。高校野球の都道府県予選と同じく、国中の注目がこれらロウメジャーカンファンレンスの出場争いに集まります。

NCAAトーナメント2017出場校予想①-ハイメジャーカンファレンス
NCAAトーナメント2017出場校予想②-ミッドメジャーカンファレンス

ad




ad




-NCAA、高校/プレップ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.