*

コーチKとデューク大学バスケットボールを振り返る。

現在の、世界一のバスケットボールコーチと言えば誰でしょうか。
コーチKこと、デューク大学ヘッドコーチのマイク・シャシェフスキーの名ををあげる人は多いと思います。
・1991、1992年連覇を含む、NCAA優勝5回
・北京、ロンドン、リオデジャネイロと五輪3連覇
・トルコ、スペインと世界選手権2連覇
・・・もちろん殿堂入り

今回は、日本でも有名な、コーチKとデューク大学バスケットボールの歩みを振りかえってみたいと思います。

コーチKとデューク大学バスケットボール成功のベースはリクルート

コーチKとデューク大学に、”何が”これほどの成功をもたらしたか。
多くの要因があると思いますが、一番はやはり選手のリクルートです。好選手の勧誘なしに、コーチKとデューク大学バスケットボールの成功は語れません。

コーチKとデューク大学の戦績とリクルート

シカゴ出身のコーチKは、ニューヨーク州ウェストポイントのアーミー(陸軍士官学校)へ進みます。このNCAAディビジョン1校でプレイした時のヘッドコーチがボビー・ナイト。アーミーを卒業したのち、コーチKはナイトがヘッドコーチに就いたインディアナ大学で1季アシスタントコーチをつとめ、1975年から5シーズン、母校アーミーでヘッドコーチとしてチームを率いました。
↓真ん中がボブ・ナイト、左端がコーチK。*The Sportnig News

アーミーでの成績は73勝59敗。勝率553。NITに一度導いただけで、NCAAトーナメントには一度も出ることがありませんでした。*2017年現在、アーミーはいまだNCAAトーナメント出場を果たせていません。
ところがこの時点で、すでにNCAA準優勝2回の実績があるノースカロライナ州の名門校デュークから、ヘッドコーチ職の声がかかります。1976年に32勝無敗でNCAA優勝を果たしたボブ・ナイトは天才バスケットボールコーチの名をほしいままにしており、「その弟子」で、アーミー出身のコーチKならば、学業でも優秀で究極の文武両道を貫くデューク大学ヘッドコーチにふさわしい、と判断されたからです。
1980年。コーチKは33歳にして、デューク大学のヘッドコーチに着任します。



コーチK、解任の危機

ところがコーチKでさえも、着任早々”殺人リーグ”ACCの洗礼を受けます。前コーチの遺産で初年度こそNITに進みますが、翌2シーズンは屈辱的な負け越し。3季連続でNCAAトーナメント出場を逃したことで、デューク大学はコーチKの解任さえ検討します。

↑このAD(大学のアスレティックディレクター、体育局長)の英断もありますが、コーチKの「危機」を救ったのはリクルートでした。
1982年のオフ、コーチKが初めて獲得したマクドナルドオールアメリカン、ワシントンDC出身のジョニー・ドーキンス(後のNBAプレイヤー。スタンフォードを経て、現セントラルフロリダ大学ヘッドコーチ)のおかげで、コーチKのクビは何とかつながります。

初のファイナルフォーも、優勝できないコーチKとデューク

ドーキンスのほか、白人のビッグマン、マーク・アラリー(後のNBA選手)とジェイ・ビラス(現ESPNカレッジバスケットボールアナリスト)をそれぞれアリゾナとカリフォルニアから獲ったコーチKは、翌1983年オフにもトミー・アマカー(シートンホール→ミシガン→現ハーバード大学HC)というオールアメリカンをリクルート。彼らが中心となり、1986年、ついにコーチKは初のファイナルフォー進出を果たします。*準決勝でラリー・ブラウン率いるカンザスをやぶり、決勝でルイビルに敗退。

「好選手こそがチームに好成績をもたらす」とばかりに、コーチKは一年あけて1985年、ダニー・フェリー(後のNBA選手、エグゼクティブ)とクイン・スナイダー(元ミズーリ大学HC、現ユタジャズHC)という、いかにもデュークらしい、2人の白人スター選手をリクルート。
この1985年以降2017年現在まで約30年間、コーチKは少なくとも1人、必ずマクドナルドオールアメリカンプレイヤーの獲得に成功しています。

一度ファイナルフォーに進んでしまうと、大学にも大きな利益がもたらされます。テレビ露出の増加など、さらにバスケットボールチームを取り巻く環境が向上すると、有望高校生が「学業に厳しく敬遠していた」デュークへの進学を前向きに考え始めます。
1986年の2人に続き、’87年にグレッグ・クーベック(後に丸紅でプレイ)を獲得。1988年、コーチKは自身二度目のファイナルフォー進出を果たします。が、ここではラリー・ブラウンとダニー・マニング率いるカンザス大学がリベンジ。
続く’88年オフ、デュークに黄金時代をもたらす白人ビッグマンをニューヨーク州から獲得します。1992バルセロナ五輪に学生として唯一出場した後のNBAプレイヤー、クリスチャン・レイトナーです。
フェリーとスナイダーが4年生、レイトナーが1年生としてのぞんだコーチK三度目のファイナルフォー。圧倒的有利と見られながら、準決勝で、今度はシートンホール大学に大逆転負け。’89年にボビー・ハーリー(後のNBA選手。バッファロー→アリゾナステイトHC)をリクルートすると、1990年に3年連続のファイナルフォー。ついにコーチKとデュークがNCAA初優勝かと思われた決勝戦、UNLV(ネバダ大学ラスベガス)に決勝史上最多30点差をつけられての大敗。
リクルートに成功→チームの好成績とメディア注目度増→高校選手の興味増 という強豪プログラムの好循環をついに手に入れたコーチKとデュークですが、”優勝には縁がない”とささやかれます。

*レイトナーと同期のクラウフォード・パーマーは後にアイビーリーグのダートマス大学に転校。フランスに帰化し、2000年シドニー五輪でフランス代表として銀メダルを手にしています。

初優勝、2連覇!初期の黄金時代

1990年決勝でデュークをコテンパンにやっつけたUNLVもまたリクルートで成功したチーム。ラリー・ジョンソンとステイシー・オーグモンという最強タンデムを擁し、全米から選手を集めてきたラスベガスは誰もNBAへのアーリーエントリーをせず、2連覇を目指して大学に残りました。よって、「デュークの優勝は今年もないだろう」。これが一般的な見方でした。

レイトナー、ハーリーに続く大きなリクルートはグラント・ヒルでしょう。イエール大学卒でNFLのスター選手だったカルビン・ヒルを父に持つサラブレッド、グラント・ヒルは1年生ながらスターター。チームに大きく貢献します。
ファイナルフォー準決勝で再びUNLVと激突したデュークは、圧倒的不利とされながらもレイトナー、ハーリー、そしてヒルらの活躍で世紀の一大アップセット。

決勝でカンザス大学をやぶり、コーチKは10年目にして念願のNCAAタイトルを手にしました。
翌1992年、やはりリクルートで大成功し、1年生だけでスターターをつくったミシガン大学(ファブファイブ)を決勝でやぶり、UCLAが成し遂げて以来の連覇達成。クリスチャン・レイトナーを失い、グラント・ヒルの怪我も響いた1993年こそ、スーパーガード、ジェイソン・キッドの獲得に成功したカリフォルニア大学にアップセットを食らいますが、翌’94年は再びNCAA決勝まで進み、準優勝。ここまでが、コーチKの初期の黄金期と言えるでしょう。

*グラント・ヒルの同期、アントニオ・ラングはNBAでの選手生活を経て来日。三菱電機(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)で選手、コーチとして活躍後、現在はNBAユタジャズでスナイダーの下アシスタントコーチをつとめる。
*クリス・コリンズは元NBAコーチのダグ・コリンズの息子。デュークでのアシスタントを経て、現在ノースウェスタン大学HC。今年、同校初のNCAAトーナメント出場に導く。
*ジェフ・ケイペルは現デュークのアソシエイトヘッドコーチ。VCU→オクラホマでHCをつとめ、オクラホマでブレイク・グリフィンをリクルート。コーチKの後継者候補ナンバーワンとされる。

天国から地獄

絶頂を極め、このままコーチKとデュークの全盛期がくると思われた翌1994-1995シーズン。コーチKが病に倒れます。序盤の12ゲームのみ指揮した後、全休。絶対的な指導者を失ったデュークはまさかのACC最下位。NCAAトーナメント出場はおろか、NITにさえ呼ばれず、ポストシーズン無しという成績で、白人ビッグマン、チェロキー・パークスのカレッジキャリアは終わりました。
翌1995-96、コーチKは復帰しますが20勝にとどかず。第8シードというコーチKの下では最低の評価でのぞんだNCAAトーナメントも、1回戦でアール・ボイキンスを擁したイースタンミシガンにアップセットを食らいます。ここでクリス・コリンズのキャリアが終了。彼も不遇のシーズンを過ごしたと言えます。1997年は20勝に到達しますが、NCAAトーナメントでは2回戦で敗退。オースティン・クロージャやゴッド・シャムゴッドを擁した10位シード、プロビデンス大学によるアップセットでした。



リクルート、リクルート

この1997年オフ。デュークは他校を震え上がらせるリクルートを行います。エルトン・ブランド、シェーン・バティエにクリス・バージャスという、全米トップクラスの選手を3人一気にリクルート。チームも4年ぶりにエリート8まで駒を進めました。翌年にコリー・マゲッティをシカゴから獲ったデュークは1999年にNCAA準優勝。さらにカルロス・ブーザー、ジェイ・ウィリアムス、マイク・ダンリービーにケイシー・サンダースと、今度は4人のオールアメリカン、さらにクリス・デュホンを加えたコーチKとデュークは、2001年に10年ぶりとなるNCAA優勝を果たします。

このあたりからコーチKのリクルートと”選手の扱い”に大きな変化が見えるようになります。コーチKが「絶対に認めない」と公言していたNBAへのアーリーエントリーを、ブランドと、同期のウィリアム・エイブリーが実行。翌1999年のNBAドラフトでは、なんと1年生でのエントリー(ONE&DONE)を、マゲッティが行使します。

悪く言えば勝利至上主義。良く言えば時代にアジャスト。いずれにしても、この時期もコーチKのキャリアにおけるターニングポイントであったはずです。

デュークのリクルートは止まらない

21世紀に入ってからも、コーチKとデュークはリクルートに精を出します。2010年に続き、2015年には獲得した1年生がカレッジ界を制圧。コーチKに5度目のタイトルをもたらしています。

リクルートはNCAAバスケットボールコーチの仕事において重要。最重要とされることも珍しくありません。コーチKとデュークに限らず、NCAAタイトルがリクルートによってもたらされていることも間違いありません。ただ一方で、リクルートだけでは勝てないことも事実。前の投稿で書いた通り、つい先日、シアトルの名門ワシントン大学のヘッドコーチ、ロレンゾ・ロマーが解雇されました。今秋、マイケル・ポーターJrという、2018年のNBAドラフトで上位指名が予想される選手のリクルートに成功しながら・・・のことです。

コーチKと、例えばロマーのようなコーチと何が違うのか。なぜコーチKとデューク大学は成功できるのか。
集めるだけでなく、チームとして結果を出す。出し続ける。
優秀な人間をまとめ、動かす。この面において、NBAのスター選手を揃えて、オリンピック3連覇を果たしたコーチKの能力は際立っていると言えます。

コーチKが日本代表を率いたら?

その実績から、コーチKが現役世界ナンバーワンコーチであることは間違いないでしょう。
ではコーチKが例えば日本代表を率いたら?アジアを制し、世界の強豪の仲間入りができるか。これはこれで別問題であることがバスケットボールの面白いところだと思います。(まぁコーチKが実際に指揮を執ったら、相当強くはなるんだとも思いますが。。。)

サイズ、フィジカル、運動能力。全ての面において「世界」には劣る日本人選手を束ね、勝たせる。
この問題解決には、別に適任者がいると考えます。

ad




関連記事

ゴンザガとジョージワシントン<week10>-NCAAバスケットボールランキング

NCAAカレッジバスケットボールランキング、最新版がリリースされました。 最新ランキング 注

記事を読む

no image

アメリカの高校(ハイスクール)、プレップスクールのバスケットボール-中西部

*随時更新します。 対象エリア:オハイオ州、ミシガン州、インディアナ州、イリノイ州、ウィスコン

記事を読む

渡邊雄太、ジョージワシントン大学、NIT優勝!!!そして来日!!!

<追記> ジョージワシントン大学の2016-20017ロスターが更新されたのですが、、、 た

記事を読む

カンザスとオレゴンがエリートエイト。NCAAトーナメント2017-MIDWEST

ブラケット リージョナルセミファイナル結果 4位パデュー 66-98 1位カンザス カ

記事を読む

ゴンザガ、ファイナルフォー進出!NCAAトーナメント2017-WEST

ゴンザガ大学が初のファイナルフォー進出! ブラケット リージョナルファイナル結果 11

記事を読む

エアフォース 空軍士官学校(Air Force Academy)【カレッジ紹介⑩】

エアフォース 空軍士官学校(Air Force Academy)の概要 ミリタリースクール

記事を読む

シューティングドリル-「競争系」

ごくごくシンプルなドリルです。 ポイントはパイプ椅子を置いていることでしょうか。ジャンプショッ

記事を読む

ジョージワシントン大学(George Washington University)コロニアルズ【カレッジ紹介42】+シーズンスケジュール

ジョージワシントン大学(George Washington University)概要 私立校

記事を読む

ジョージワシントン、6位マイアミ(フロリダ)に惜敗-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week6>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(ESPN) ウィチタステイ

記事を読む

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント2016

NCAAカレッジバスケットボールトーナメント 今年もこの時がやってきました。 出場68校はセレク

記事を読む

ad




ad




カオス!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week9,10>

都合により更新が遅れました。2週分を振り返ります。  

全勝校が早くも消滅!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week8>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング

今度の餌食はノースカロライナ-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week7>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

ジョージワシントン、6位マイアミ(フロリダ)に惜敗-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2017-2018week6>

NCAAバスケットボール最新ランキング *最新ランキング(E

Bリーグ2017-2018-第11節を終えて

B1・第11節までの順位 8日金曜日の夜、NHK

→もっと見る

PAGE TOP ↑