*

Bリーグの選手個人成績・スタッツ-得点とシューティング編-レギュラーシーズン終了



Bリーグのスタッツ。今回は個人成績です。
まず得点とシューティング関連。

チーム成績・スタッツはこちら

得点(1試合平均)トップ20


2月20日時点より、顔ぶれが変わりました。
トップスリーは”Bの王様”ニック・ファジーカス以下、ダバンテ・ガードナー、ジュリアン・マブンガと変化なしでしたが、大物・ジョシュ・チルドレスがさすがにリーグに慣れたのか数字を伸ばしました。他の途中加入の大物、渋谷のロバート・サクレ、滋賀のクレイグ・ブラッキンスの得点はそれほど伸びず。
千葉のオフェンスを支えたタイラー・ストーンも6位まで上昇。
日本人(帰化選手除く)では金丸晃輔が最後までその凄みを見せつけたものの、前回ランクインの横浜・川村が後退。富山・城宝とともに13.4ppgで全体26位。そして13.2ppg、28位タイで千葉・富樫と東京・田中、次いで12.9ppgの三河・比江島、12.3ppgの千葉・小野と、「らしい」名前が揃いました。

*続いて、1分間あたりの得点。外国籍選手には出場時間の制約があるため、出してみました。あえて、総出場時間の大小は考慮していません。

こうなると、金丸でさえ名前が消える(22位)ほど外国人選手依存度が表れます。日本人の次点は栃木・古川。ppgでは上位にこなかったものの、ここはさすが。層が厚い栃木にあって、限られた出場時間で結果を出しています。総出場時間18時間強。出場時間リーグ1位は秋田・安藤の33:50。

フィールドゴール%トップ20


*試投100以上を対象としています。
三河・バッツ、川崎・スパングラーが維持。
そしてppgで目立ったのはストーンですが、千葉のヒルトン・アームストロング、マイケル・パーカーの数字が際立ちます。
際立つと言えばファジーカス。アテンプトが1000を超えたのはファジーカスだけ。当然相手ディフェンスもきびしい中、成功率54.6%というのは・・・すさまじいです。
日本人1位の永吉も健闘。22位に同じく川崎の野本、23位に三遠・太田と、期待のビッグマンが続きます。
そして田臥勇太!187/376の49.7%はさすがとしか言いようがありません。インサイドのプレイヤー以外では1位。京都の村上、川崎・篠山が続きます。



スリーポイント%トップ20


*これも試投を100以上としました。
よって、公式1位(金丸)と違ってベテラン・折茂がリーダー。さすがです。
日本人ガードがほとんどの中、千葉・小野が高確率を維持。

続いてスリーポイント試投ランキング↓

前回成功率20%台だった琉球・岸本、東京・ギャレットは改善。

フリースロー%トップ20


Bリーグ初年度は「ファジーカス劇場」であったと言っていいでしょう。試投リーグ1位の399で成功率80%超え。
試投で大きくファジーカスを下回りながら、確率まで悪い日本人選手はまずここから改善が必要でしょう。日本バスケットボールの課題はサイズ、フィジカル云々だけではありません。フリースローは国際大会でも必ず生命線となりえます。このカテゴリーが改善されないとプロ選手とは呼べないのではないでしょうか。

リバウンド、アシスト、スティール、ブロック編

ad




関連記事

Bリーグ開幕から第4節までの順位とレビュー。

Bリーグ開幕から第4節まで。 予想どおりというべきか、、、 旧NBL>旧

記事を読む

no image

アメリカの高校(ハイスクール)、プレップスクールのバスケットボール-中西部

*随時更新します。 対象エリア:オハイオ州、ミシガン州、インディアナ州、イリノイ州、ウィスコン

記事を読む

Bリーグの新外国人-アルバルク東京

2017-2018シーズン新外国人選手-B1 2017-2018シーズン新外国

記事を読む

八村塁がNBAドラフト2018予想一巡目に再び掲載!!~U19 FIBAワールドカップで活躍

八村塁が再びNBAドラフト指名候補に!!! エジプトで行われているFIBA U19ワールドカップで

記事を読む

バスケットボールアジア選手権男子2015-直前情報-

アジア選手権。いよいよです。 各国ロスターも出そろいました。 いくつかの直前情報を書きま

記事を読む

日本の高校バスケットボール-北海道・東北

*随時更新するつもりです。 北海道 道勢、インターハイ、ウィンターカップとも優勝はなし。

記事を読む

日本のバスケットボール<サイズと・・・>

これも以前のもの。残しておきたいと思います。 ↓ ↓ ↓ 一つ思うことは、日本は「意外に」サ

記事を読む

日本の高校バスケットボール-近畿

*随時更新するつもりです。 滋賀県 膳所高、八幡工業に瀬田工業と、公立が牽引してきたが、21世紀

記事を読む

日本バスケットボールの戦い方・一つの見本~リック・ピティーノ~ 

これもあらためて↓ ---------- 「ジャパン オリジナル バスケットボール」

記事を読む

Bリーグの新外国人2016-2017

2017-2018シーズン新外国人選手-B1 2017-2018シーズン新外国

記事を読む

ad




ad




Bリーグ2017-2018-第3節を終えて

(今季はBリーグ関連投稿、週1回をできるだけ心がけます) &nb

Bリーグ2017-2018-第2節を終えて

NBAよりも一足早く開幕したBリーグ。 *オーストラリアNBLはアメ

NCAAディビジョン1の日本人選手~2017-2018シーズン-

2020年の東京オリンピックのみならず、今後、日本のバスケットボールを

リック・ピティーノ解任へ-NCAAリクルート問題-

NCAAリクルート関連で激震 「激震」ではありますが、その内容につい

テーブス海選手、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ!!

テーブス海選手が進学先を決定! Class of 2018(2018

→もっと見る

PAGE TOP ↑