NCAA(大学) その他海外

リーヴンマー(馬建豪、マーチェンハオ)と、NCAAのアジア系選手+

更新日:

<追記>

リーヴンマー(馬建豪、マーチェンハオ)、アトランタのディビジョン1・ジョージアステイトへコミットです!

247スポーツによるリリース

   

台湾人選手、リーヴンマー(馬建豪、マーチェンハオ)

久しぶりに名前を聞いた、台湾人選手のリーヴンマー(馬建豪、マーチェンハオ)。

以前の投稿

   

おそらく、台湾バスケットボール史上最高の選手

フィリピンのカイソットと、アトランタのザスキルファクトリーでチームメイトだった彼を、そのTSFヘッドコーチが大絶賛です。

   

台湾版KD

   

彼は「2021」。

進路が気になります

*もともとは「2020」でしたが、、、コロナの影響でしょう。

NCAAディビジョン1スクールに進むと思うのですが、、、

   

NCAAカレッジバスケットボールにおける、アジア系選手

パンデミックの影響により、多くの選手がNCAAを離れ、母国(もしくはその近く)でプレイした、2020-2021シーズン。

それでも、多くの日本人選手をはじめ、アメリカに残ってプレイし続けたアジア人、アジア系選手も少なくありませんでした。

   

ヒョンジュンリー(イヒョンジュン、Hyunjung Lee、韓国、デビッドソン大学)

彼はすごい。

マーが台湾史上最高の選手なら、リーは韓国バスケットボール史上最高。

デビッドソンはNCAAトーナメントの道を絶たれ、NITにまわることが決まっていますが、リーの今季ここまでのスタッツは13.5ppgで、FG%51.1(!)。スリーポイント成功率が43.9%、フリースロー成功率89.6%は驚異的。

以前の投稿のとおり、ディフェンスなどの強度は課題ですが、来季、3年生シーズンは楽しみです。

   

ルイス・タン(唐維傑、タンウェイチー、台湾、VMI)

同じく来季3年生となる、VMI(バージニアミリタリーインスティテュート)のルイスタンはアメリカに残りました。

出場は3ゲームにとどまったものの、7.7ppg、6.7rpgは堂々の数字。→スタッツ

   

台湾の未来に、日本は決して油断できません。

   

ジョニーワン(Johnny Wang、中国、カリフォルニア大学フラートン)

Johnny Wangも頑張りました。

14ゲームに出場。→スタッツ

来季、4年生。

   

ジェフリーヤン(Jeffrey Yan、中国、カリフォルニア大学ロングビーチ)

同じくCSU、ロングビーチ校のJeffrey Yan

11ゲームに出場。→スタッツ

数字はパッとしませんが、体重125kgの巨漢で、来季まだ3年生。

   

全てのゲームを取り止めた唯一のカンファレンス、アイビーリーグのペンシルバニア大学所属のMichael Wang含め、中国の将来が脅威なのは、言うまでもありません。

   

ジョニージュザン(Johnny Juzang、ベトナム系、UCLA)

ケンタッキーから地元UCLAに戻ってプレイしたのはジョニージュザン

まだ2年生ながら、UCLAのリーディングスコアラーとして、見事にNCAAトーナメントに導きました。

彼はNBA候補!

   

キーヘイクラーク(Kihei Clark、フィリピン系、バージニア)

キーヘイクラークは、もはやお馴染みのリトルビッグマン。

1年生にして、バージニアのスターターとして全米優勝。

メンタリティの強さはピカ一。

3年生の今季は9.5ppg、4.6rpg。→スタッツ

   

まだまだいますが、とりあえず以上。

いつもの言葉、「時代は変わりました」。

   

番外:NBAドラフト2021候補-ジョシュギディ(NBLアデレード)

1人だけ、アジアではなくオセアニアの選手を。

NCAAではなく、オーストラリアNBLのアデレード36ers。

ルーキー、ジョシュギディ

まだ18歳。

6-8の大型ポイントガードである彼の評価が上がりっぱなしです。

ロッタリーピックさえ可能性あり??

   

「もはやNCAAに進まずとも、オーストラリアNBLであればNBAスカウトの目がある」という判断なのでしょうか。

であれば、ヨーロッパのトップレベル並みに、豪NBLが近づきつつあることを意味します。

   

いつかは、Bリーグ→NBAという選手も誕生するでしょうね。

ad




ad




-NCAA(大学), その他海外
-, , , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.