NCAA(大学)

開幕!-NCAAカレッジバスケットボールランキング<2020-2021week2>

更新日:

NCAAバスケットボール最新ランキング

開幕!!

   

とにかく、始まりました!素直に嬉しいですし、やはり興奮するものです。

#StaySafe

とにかく、ゴンザガが強い。

フロリダのフォートマイヤーズまで飛んで、難敵カンザスとオーバーンに快勝。

POWに2年生ドリューティミROWにジェイレンサッグス

層が厚く、隙が無い。トーナメント中止の無念を味わった、キリアンティリ、フィリップペトルセフの分も合わせ、初優勝に向け好発進。

いつもどおり、ゴンザガはノンカンファレンスゲームにこそ注目。テネシー戦がキャンセルになったものの、いったい何人の日本人マネージャーを輩出するの?という(笑)ウェストバージニアが相手に@インディアナポリス。

”新2大プログラム”、バージニアとビラノバが早々に敗北。順位を落とす一方で、バージニアの2校、バージニアテックとリッチモンドがランク入り。それぞれ、ビラノバとケンタッキーを破っての大躍進。

あらためて、開幕です

   

   

渡邊雄太と八村塁。日本の2大エースがプロに進み、やや寂しくなるかと思われた、NCAAはじめとしたアメリカの大学バスケットボールにおける日本人選手。

とんでもなかったです。

多くの、興味深い選手が存在感を示しています。

今季は、彼らの動向にも注目です。*他の、アジア人選手にも。

日本人、日本縁の選手(男子)

渡辺飛勇(ヒューホグランド)UCデイビス

開幕ダッシュ失敗。こちらの渡辺ももっとやれるはず!

   

タヒロウディアバテポートランド大学

2勝1敗としたものの、2つ勝ったのは明らかな格下相手。次のクロスタウンライバル、ポートランドステイト戦こそが大事。

しかし、、、タヒロウの出場無しが気がかり。

   

ドゥドゥゲイルイジアナ大学ラファイエット

ベイラーには歯が立たずも、ドゥドゥは8リバウンドと持ち味発揮。

   

弓波英人ジョージアサザン大学

こちらは開幕2連勝。少し間を空け、現地12月11日、弓波選手の凱旋となる、デイビッドソン大学とアウェイで激突。新コーチ、ブライアンバーグの力を見たい。デイビッドソンには、韓国人スター候補、リーヒュンジュン

大橋大空フロリダナショナル大学

ジョージアサザンの開幕戦で、日本人対決が実現

各校、新型コロナに慎重な姿勢の中、がんがんゲームを行うFNUは、既に9ゲーム実施。2勝7敗と成績は上がりませんが、大橋選手の@9アシスト超えはすごい。より高いレベルの学校への編入は可能性の高い話。注目。

   

NCAAディビジョン2、ディビジョン3校所属の日本人選手にはゲーム情報なし。

NJCAAも動きがありませんが、富永啓生選手が来年進学予定のネブラスカ大学は3ゲーム消化。2勝1敗のスタートで、1敗はファジーカスの母校ネバダ。注目は現地12月12月の、ステイトライバル、クレイトン戦。ランク校CUには、アウェイでやや分が悪いですが、オールタイムで26勝27敗のNUは今季タイに戻したい。その後、今季最強リーグのビッグテンゲームに突入します。

    

日本人、日本縁の選手(女子)

ヒル真理、ボウリンググリーン大学

開幕戦、vsバルパライゾに勝利。ヒル真理選手は4分の出場。

   

鈴木妃乃、ノースアラバマ大学

ハイメジャーとのアウェイ戦含む開幕3戦はゼロ勝。

既にNCAAデビューを果たした鈴木選手の初得点を待望。

   

今野紀花、ルイビル大学

5位ランク・ルイビルは開幕2勝。今野選手はそれぞれ6得点。リクルーティングに成功したチーム内の競争も激しそうで、注目の1年生ガード、ヘイリーバンリズが早速ROW

池松ほのか選手と森田コーチのロバートモリス大学は、ゲーム実施に慎重で動きなし。

   

マイクマグパヨ、UCリバーサイド

100%アジア系初の、NCAAディビジョン1ヘッドコーチとなったマイクマグパヨ

期待のデビュー戦は@パシフィック大学。

と思われましたが、サクラメント空港に到着するや、妊娠中で12月半ば出産予定だった奥さんが破水の報。とんぼ返りして、第1子の出産に立ち会いました。

チームはデイモンスタウダマイヤー率いるパシフィックに敗退も、次戦、メジャー校ワシントン大学戦@ラスベガスに初勝利を懸けます。

ストーリーbyスポイラ

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , , , , , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.