NCAA(大学)

NCAAカレッジバスケットボール2021-2022~W3

投稿日:

NCAAカレッジバスケットボール2021-2022<Week3ランキング>

男子ランキング

ランク前週
ランク
チーム戦績
11ゴンザガ4勝0敗
22UCLA4勝0敗
36パデュー5勝0敗
43カンザス3勝0敗
57デューク5勝0敗
69ベイラー4勝0敗
75ビラノバ3勝2敗
88テキサス3勝1敗
911メンフィス4勝0敗
1014アラバマ4勝0敗
1013ケンタッキー3勝1敗
1215ヒューストン3勝0敗
1316アーカンソー3勝0敗
1410イリノイ2勝1敗
1517テネシー3勝1敗
1622セントボナベンチャー5勝0敗
17ランク外アリゾナ5勝0敗
18ランク外ブリガムヤング4勝0敗
1921オーバーン3勝0敗
204ミシガン3勝2敗
21ランク外シートンホール3勝0敗
2223コネティカット4勝0敗
2324フロリダ3勝0敗
2425USC3勝0敗
25ランク外ゼイビア4勝0敗
まだ11月!

ジョンロスタインの名物語録、This is ONLY November.

そのままに、「いつもどおり」荒れました。→ESPN

   

ミシガンが週に2敗。ホームでシートンホールに、そしてラスベガスでアリゾナに敗退。

"Hall""Zona"ともに素晴らしいチームですが、それ以上にミシガンが心配になる内容。

巻き返しなるか。

   

そのミシガンと、ビッグテンタイトルを争うと目されていたパデューが強い。ノースカロライナとビラノバというスーパーエリート校を連続して撃破。

堂々の3位。

   

ミシガンを引きずり下ろした、シートンホールとアリゾナがランクイン。

   

そしてオレゴンをポートランドで圧倒した、ブリガムヤングも18位にジャンプ。

※タヒロウのサンディエゴステイトは、このBYUにアウェイで惜敗。勝っていれば、SDSUのランク入りもありえましたが。。。

   

面白いのは”ボナ”こと、セントボナベンチャー。

NCAAトーナメント出場わずか8回の、A10古豪が強烈です。

昨季に続いてのビッグダンスを目論むボニーズは、スターター全員が4年生という、近年のランク校には珍しい布陣(スターフレッシュマンは獲れない)。

知名度は低いですが、カイルロフトンとジェイレンホームズのバックコートが素晴らしい。

ホームズは富永啓生選手と同じ、レンジャーカレッジの出身です↓(入れ替わり。2019年NJCAA準優勝)

恵まれたサイズのプロ候補PG

   

カンファレンスランキング

さて、見過ごせないのがカンファレンスランキング。

年内のノンカンファレンスゲームというものは、そのまま各リーグの強さをある程度測るものであり、「本番」であるNCAAトーナメントに何校送り出せるかという指標になります。

   

→再び、ESPN

   

まずはビッグイースト。

大きかったのは、上に書いたシートンホールによるミシガン撃破(しかもアウェイ)。

そしてゼイビアによる、オハイオステイト打倒(これはホーム)。

3勝2敗ながら、内容充実のビラノバは言うに及ばず、4校がランク入り。

ネブラスカにアウェイで勝ってしまった、クレイトンの働きもまた大きかった。。。

   

続くのが、プレシーズンでは最強とされたビッグテン。

ミシガンの2敗が衝撃ですが、盟友ミシガンステイトはランク落ち。

イリノイもふるわないこの状態では、ネブラスカのトーナメント出場が遠のいてしまう←こういうことになるので、ノンカンファレンスゲームも気が抜けないわけです。

   

3位にSEC。

ケンタッキーとともにAP10位に位置するアラバマ(注目)、アーカンソー、テネシー、オーバーン、そしてフロリダとさすがの成績。

   

続くのが、なんとマウンテンウェスト。

ここまでのリーダーは、無敗コロラドステイト(DOBOが、日系アーロンカツマ氏)とユタステイトあたりですが、1敗で追う、タヒロウのサンディエゴステイトの貢献も十分。楽しみ。

   

以下、MAC(ミッドアメリカンカンファレンス)、WCC(ゴンザガなどが所属)とミッドメジャーが大健闘!

パック12、ACCに、ビッグ12のパワー5カンファレンスは復活必至。

   

ケンポン

ネブラスカは91位。

   

女子ランキング

ランク前週
ランク
チーム戦績
11サウスカロライナ6勝0敗
23メリーランド6勝0敗
32コネティカット3勝1敗
44インディアナ4勝0敗
55ノースカロライナステイト4勝1敗
66ベイラー3勝1敗
77スタンフォード3勝1敗
88アイオワ4勝0敗
911アリゾナ4勝0敗
1010ルイビル3勝1敗
1116テネシー4勝0敗
1213ミシガン5勝0敗
1314アイオワステイト4勝0敗
1412テキサス3勝1敗
159オレゴン3勝2敗
1615オレゴンステイト3勝0敗
1717フロリダステイト4勝0敗
1823サウスフロリダ4勝2敗
1920UCLA3勝0敗
2019ケンタッキー3勝1敗
2121オハイオステイト3勝0敗
2222ウェストバージニア3勝0敗
2324テキサスA&M4勝0敗
2425バージニアテック5勝0敗
25ランク外フロリダガルフコースト5勝0敗
ほぼ変わらず

メンズに比べれば、大きな動きがないことに気づきます。

   

1位サウスカロライナが2位コネティカットに逆転勝利@バハマ。

オレゴンに続き、最大最強のライバルを下したサウスカロライナ。

次いでの挑戦者は新しい2位、メリーランド。

日本時間12月13日午前5時。ジミーVクラシックにて、UMDを迎え撃ちます。

しかし、メリーランドは今週ノースカロライナステイト(5位)、スタンフォード(7位)というTop10チームとの対戦が2つ@これもバハマ。

UConn戦まで2位を維持できるかどうか。

   

NBA候補のNCAA注目選手は?日本人、日本縁の選手の活躍は?

男子

オーバーンのフレッシュマン6-10、ジャバリスミスの評価が上昇。

スリーがうまいですねぇ。。。

   

このオーバーンと12月に対戦予定なのが、富永啓生選手のネブラスカ。

ホーム・PBA(ピナクルバンクアリーナ)に、史上10番目に多い観衆を集めた注目のクレイトン戦。

接戦に持ち込むのが精いっぱいだったネブラスカは、その後格下相手のギャランティゲームで2勝。

富永選手は無難な活躍で、ここまで平均13.2分出場の、5.0ppg。

   

レンジャーでのセルフィッシュぶりがうそのように、遠慮してます(笑)。

打てる場面でもパス(笑)。

ただこれは自覚があるでしょう。

スリー連発は時間の問題。

   

むしろ、奮起してほしいのはNU史上最高のリクルートと評される1年生、ブライスマクゴウエンス。

16.8ppgという数字はあるものの、これは富永選手らチームメイトのおぜん立てがあってのもの。

自らによって勝ちに導くプレイをしないと、2022年NBAドラフトエントリーはなかなか難しいのでは。

スリーポイント成功率23.8%は厳しい。。。

ドラフトネットで10位は過大評価。このままでは、次の更新で下げられるでしょう。

   

富永選手もスリーの確率が23.5%(4/17)→スタッツ

ですが、彼には期待しかありません。遠慮してしまってる分、リズムを崩しているだけ。

   

スリーは当たりだすと止まらない一方で、守られるときは守られる。

波のあるシーズンになりそうですが、ハイメジャー・ネブラスカの重要な戦力になるのは間違いなさそう。

   

ほか、ケインロバーツ選手のストーニーブルック@カンザス戦

さすがに歯が立ちませんでしたが、全米有数の名物アリーナ・アレンフィールドハウスで、初めて日本人がプレイしました。

   

女子

今野選手のルイビル女子も格下相手に連勝。

スター選手、ヘイリーバンリス(HVL)の故郷凱旋となったアウェイ、ワシントン大学戦は少々てこずりましたが順当勝ち。

   

今野選手に遠慮は見られませんが、層の厚いルイビルにあっては出場時間獲得が難しい(平均14分)。

出れば結果を残せるのは間違いないので、ここはもう少しPTを。

   

昨季のデイナエバンスに代わる存在がHVLであることは理解しますが、エバンス同様”出しすぎ”では??

肝心なところで周りが立ち止まってしまうのも昨季と同じ。

バンリスもスリーが1/15と絶不調(出場時間平均はダントツ1位の30.3分)。

それでもバンリスでいくのか、今野選手らにバランスを求めるか。

   

個人的にはバランスドチームの方がうまくいくと思いますが、、、HVLのプライドをどこまで守るのか。

チームスタッツ

   

NCAAバスケットボールWeek3の注目

男子

日本時間カード中継
24日㈬昼12時ゴンザガvsUCLA@ラスベガスESPN
25日㈭バトル4アトランティス(-27日)
ベイラー、オーバーン、ミシガンステイト、ロヨラシカゴ
@バハマ
ESPN
NITシーズンティップオフ(&27日)
ゼイビアvsアイオワステイト、バージニアテックvsメンフィス
ESPN
26日㈮
SDSU戦は13時59分
ウッドゥンレガシー(-27日)
USCvsセントジョセフ、サンディエゴステイトvsジョージタウン
ESPN

アイオナ戦は朝7時
ESPNイベンツインビテーショナル(‐27日、&29日)
アラバマvsアイオナ、カンザス @オーランド
ESPN
27日㈯昼12時30分デュークvsゴンザガ@ラスベガスESPN
ESPN祭り!!

   

女子

メリーランドを軸に、いくつかランク校同士の激突がありますが、12月にビッグゲームが控えるルイビルは西部遠征が続きます。

興味深いのは、ベッキーハモンの母校コロラドステイト戦。

ルイビル有利のこのアウェイゲームは、無料で視聴ができそう。※ここまで無敗のCSUも油断できませんが

日本時間11月29日の早朝4時から。

   

   

まず必見は女子に続く1位2位対決。ゴンザガvsUCLA@ラスベガスですね。

ESPN 日本での視聴方法

   

お問い合わせなどは下記からどうぞ↓

    ad




    ad




    -NCAA(大学)
    -, , , , , , , , , , , , ,

    Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.