NCAA(大学)

マイクシャラブジャムツ(Mike Sharavjamts)!-NBAドラフト候補

更新日:

マイクシャラブジャムツ(Mike Sharavjamts)

発音は後で直されるかも

   

モンゴル人の、NBAドラフト候補です。

   

モンゴル代表バスケットボールのFIBAランキングは・・・なんとランク外!

   

しかし、この”モンゴリアンマイク”は特別のようです。

> プロフィール

   

生まれはフェニックス。

お父さんはアジア人初のハーレムグローブトロッターズ選手であった、”モンゴリアンシャーク”(Sharavjamts Tserenjankhar、読めません)。

   

6-8の”ガード”で、デイトン大学の1年生。

初の、モンゴル人NCAAディビジョン1選手。

2022年ナイキフープサミットのメンバー

2021-2022シーズンは、デイトンと同じオハイオ州にある、インターナショナルスポーツアカデミー(クリーブランド郊外)でプレイし、成功率51.2%(44/86)のスリーポイント。

※高校キャリアはさらにデイトンに近い、レガシークリスチャンでスタート

※2019-2020シーズンは、カリフォルニア州ナパの新興校、プロリフィックプレップで過ごし、コロナのためモンゴルに一時帰国。

   

10月30日(日本時間)、デイトン大学の一員として、エキシビジョンゲーム(vs キャピタル大学、オハイオ州のD3)でデビュー。

   

プレシーズンランキングにおいて、Top25に入ってきたA10校・デイトン大学で、1年生ながらスターターを務めました。

   

28分出場し、9得点(スリーポイント2/4)、3リバウンド、3アシスト。

> ボックススコア

   

1年生としては十分な数字を残した上に、+/-驚異の+40

   

同じアトランティック10で、ステフィンカリーの母校デビッドソンでプレイ。3年生を終えてプロ入りした韓国人選手、ヒョンジュンリー(イヒョンジュン、Hyunjung Lee)も素晴らしい選手でしたが(現在は怪我のため療養中)、「現時点で」このモンゴリアンマイクはリーを上回ってしまっています。

   

スリーポイントの精度は五分ですが、マイクの強みはガードプレイ

万能選手であり、ゲームを支配しやすい

   

恐ろしい選手が出てきました。

注目です。

   

書かずにはいられませんでした。

   

以下、リクルーティングサイトの評価。

> ESPN:4つ星で学年95位。

> 247

> ライバルズ

他にオファーを受けたのは、プロビデンス、イースタンワシントン、そしてラトガース。

   

VCUで成功。アラバマでは結果を出せなかったものの、デイトンを完全に強豪校にしてしまっている名将、アンソニーグラントは宝物を獲得しました。

   

チームがどこまで進めるかにも注目です。

ad




ad




-NCAA(大学)
-, , , ,

Copyright© JOURNEYMAN-ジャーニーマン- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.